認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


冬のこの時期気をつけたい!手荒れの原因とケア

お知らせ 2016.01.18(10:00) 玉山良子
冬のこの時期気をつけたい!手荒れの原因とケア
 

みなさんこんにちは!
認知症きらきらネット事務局の玉山です。

この時期、ひび割れやあかぎれなど「手荒れ」でお悩みの方が多いと思います。
今回は手荒れの原因と予防方法についてご紹介します。


【手荒れの原因】

★熱いお風呂
熱いお湯は手の潤いバリアを壊してしまいます。お風呂にゆったり浸かる時は、手だけ出して湯船に浸かりましょう。

★冷え性
手が冷えると血行不良や細胞の新陳代謝の妨げになるため、手荒れの原因になります。

★PCなどのタイピング
タイピングする度に指先の水分が奪われてしまうことがあります。指先が乾燥していると、スマホの反応が鈍くなってしまうことも。


【手荒れのケア】

ハンドクリームを適切に使ってケアをします。
手のひらでクリームを温めて、手の甲をやさしく押さえるようにプレスしクリームをなじませます。 指先や爪まわりまでしっかりもみ込みましょう。
角層が生まれ変わるまで約6週間が必要です。完全に良くなるまで、丁寧なケアを続けましょう。


ひび割れやあかぎれなどの症状がひどい時は、湿潤タイプの絆創膏を貼ると効果があると言われています。
この時期は乾燥しますので、適度な水分補給と乾燥対策をしっかり行いましょう!



認知症きらきらネット事務局
玉山


【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・老年科医 三宅貴夫のコラム
・インタビュー記事

【介護保険制度についてはこちら】
・よくわかる介護保険制度

【認知症の相談窓口・医療機関はこちら】
・地域包括支援センター
・日本認知症学会認定専門医
・認知性疾患医療センター
・全国物忘れ外来

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談