認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


身近なものを使った簡単「靴のニオイ」対策

お知らせ 2014.10.06(11:00) 玉山良子
身近なものを使った簡単「靴のニオイ」対策
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

みなさんは足のニオイが気になったことはありませんか?

「・・・ある」と答える人は実は多いかと思います。

なぜなら、人は一日で両足からコップ一杯以上の汗を
かくと言われているんです!

特に多くの男性が毎日履いている革靴は通気性が悪いので、
靴の中がムレてしまい、雑菌がわいてニオイの元となります。

足はもちろん、汗をたっぷり吸った靴下にもニオイが移ります。
そして、そのニオイは靴にも移ってしまいます。


靴下は毎回洗えばよいのですが、
靴はそういうわけにはいきませんよね。

そこで、身近なものでできる靴のニオイ対策についてご紹介します。



■身近なものでできちゃう簡単靴のニオイ対策

(1)10円玉
10円玉に含まれる銅には高い殺菌効果があると言われています。
靴の中に繁殖したバクテリア等を分解してくれます。 

ピカピカなものほど効果が高いそうなので、
片足10円ずつ入れてみてはいかがでしょうか。


(2)コーヒー、緑茶の出がらし
コーヒーや緑茶の出がらしには消臭効果が期待できます。
出がらしを天日干しして乾かし、使用後の薄手の靴下、ストッキング、
ガーゼなどに包んで靴の中に入れるだけでOKです。

ただし、湿っていると靴の中の湿気が増え、
余計にニオイの元となってしまうので必ずカラカラに乾かしてから入れます。


(3)重層
重層には湿気をとる作用と、消臭作用の両方があります。
コーヒーや緑茶の出がらし同様、靴下やストッキングに1/2カップ程度入れ、
靴の中に入れておくと湿気とりと消臭効果が期待できます。



■通勤靴は2足以上あった方が良い?

どれだけしっかり消臭しても、
毎日同じ靴を履いていては効果が半減してしまいます。

ニオイの原因は靴の中の湿気と雑菌。

靴は一晩では乾燥しないので、乾燥しきっていない靴を翌日また履き、
たっぷり汗をかいてまた翌日履くと、
どんどん靴の中に湿気とニオイが溜まってゆきます。

足や靴のニオイが気になる人は、
2足以上靴を準備して、日替わりで履くことがおすすめです。

一日履いてムレた靴は、翌日はしっかり乾かしてくださいね!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

「スメハラ」って言われちゃう!嫌な体臭の原因と対策

お知らせ 2014.09.29(11:00) 玉山良子
「スメハラ」って言われちゃう!嫌な体臭の原因と対策
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

最近はオフィスでのセクハラ、パワハラに続き、
新しく「スメハラ」という言葉が生まれています。

聞いたことがある人も多いかと思いますが、
これは臭いに関するハラスメント=嫌がらせという意味合いです。

特に男性は女性の皮脂量が2倍、
体温が高いことから汗もかきやすいので臭いには注意したいところです。
そして女性も気をつけるべきポイントが実はあるのです。


今回は、スメハラについてと、
嫌な臭を発しやすい人の特徴についてご紹介します。



■スメハラって何?

スメハラとは、以下のような意味合いで使用されています。
「スメルハラスメント」 = 「臭いで周囲に不快感を与えること」

このように聞くと、イメージするのが体臭、口臭、ワキガ、
汗、タバコの臭い。

しかしこれ以外にも、香水の香りや柔軟剤の香りといった
一見いい香りとされているものも注意が必要です。


臭いくらいいいじゃないか、
体臭なんだから仕方ないという人も多いかと思いますが、
臭いは鼻から入り大脳を刺激して私たちの脳や体に影響を与えます。

ストレス過多、イライラを招くこともあります。

できるだけ周囲を気遣う気持ちも大切ですね。



■嫌な体臭を発しやすい人の特徴

香水や柔軟剤はつける量を調節すればよいのですが、
体臭は生活習慣からの見直しが必要です。

(1) お肉やチーズをたくさん食べる
肉、チーズなどの動物性タンパク質は、食べ過ぎると
脂質がたくさん分泌されます。
脂質は放っておくと酸化して悪臭のもとになります。

(2) お酒を頻繁に飲む
お酒のアルコールは汗としても分泌されます。
また、分解・代謝されるときに刺激臭を発するのでクサい体臭の原因に。

(3) 毎日同じ靴をはく
一日はいた靴の中はむれています。
帰宅後~朝の間では乾かないので、翌朝同じものをはくと余計にむれます。
その繰り返しで日に日に足がくさくなってしまいます。

(4) かいた汗をふかない
汗を放置すると雑菌が繁殖して嫌な臭いのもとに。
汗をかいたらすぐにふくとうにしましょう。

(5)ストレスが多い
ストレスが多い人は皮脂の分泌異常を引き起こす可能性が高まります。
疲れたなと感じたら深呼吸をしてリラックスするとよいです。



以上の習慣をよくしている・・・という人は、
体臭がきつかったり、加齢臭を発しやすい人です。

少し意識してみてくださいね。





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

お部屋の色は何色?リラックスしたいときにベストな色は

お知らせ 2014.09.22(11:30) 玉山良子
お部屋の色は何色?リラックスしたいときにベストな色は
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

みなさんのお部屋の色は何色がベースとなっていますか?

カーテンの色やベッドカバー、ソファー、ラグ・・・
目につくものの家具や面積の多い部分で使われている色を
思い返してみてください。


実は、色にはそれぞれ視覚から脳に働きかける効果があります。

気持ちを高めたり、鎮静させたり、
集中力を高めたり、リラックスさせたり、

色によって期待できる効果が異なります。
せっかくなら色の特徴を知り、効果的に使用したいですよね。


今回は、色が持つ特徴と効果についてご紹介します。



■青色はダイエット向き?色の持つ特徴と効果

【赤色】
赤色は見る人に暖かさを与え、
気持ちの高揚ややる気UPにつながります。

また、食欲増進の効果もあることから、
中華料理店のテーブルの色としても使用されています。

ただし、あまりに赤一色の部屋になると刺激が強いので
ワンポイントの挿し色で取り入れた方がよさそうです。


【青色】
鎮静作用があり、心を落ち着かせる色として知られています。
寝室で使用すると睡眠の状態を整えてくれるとも言われています。

また、青色の持つ鎮静作用から、食欲の減退にもつながります。
ダイエット中は、テーブルクロスやお皿の色を
青色にしてみてはいかがでしょうか。


【ピンク】
ピンクは女性におすすめしたい色のひとつ。
見ることで女性ホルモンの分泌促進につながると言われています。

アンチエイジング、若返りたい人はピンクのものを
持ち歩くとよさそうですね。


【黄色】
幸福をあらわす色でもある黄色は、
集中力を高めたり、テンションを高める色として知られています。
元気になりたいときにはピッタリの色ですが、
リラックスしたいときには不向き。

のんびりしたい寝室などで使用するときは、
挿し色として使用するとよさそうです。


【緑色】
草木、自然を連想させる緑色はリラックスできるカラ―です。
心をゆったりと落ち着かせる効果が期待できることから、
リビングや寝室にもピッタリです。

観葉植物で緑を取り入れるのもおすすめです。


【白色】
白を基調とする部屋を好む人も多いのですが、
実は気をつけたい色のひとつ。

ワイシャツのような真っ白な色は、
意識をハッキリさせ、脳を覚醒させる色です。
実験室などで白が多く使われているのはこのためです。

真っ白な色の壁、家具が多く使われている部屋にいると
常に覚醒状態となり、眠くなりにくいという特徴もあります。

同じ白でもクリーム色に近い白は
温かみがある分リラックスできるので、
白を選ぶ場合は黄身がかったものを選ぶとよいでうs。



このように、色が与える効果には色々あります。

食欲がないな・・・と思ったときはパプリカやトマトなど、
赤色の食材を使ってみるのもよさそうですね。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る

どうせならおいしいものを!秋の食材の選び方のコツ

お知らせ 2014.09.16(11:00) 玉山良子
どうせならおいしいものを!秋の食材の選び方のコツ
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

9月も中旬に入り、
秋の訪れを少しずつ感じられるようになってきましたね。

飽きと言えば食欲の秋!
きのこや秋野菜、さんまなど秋は味覚の宝庫。

スーパーにもそんな秋の食材がズラリと並んでいますが、
どうせならその中でもおいしいものを選びたいですよね。

そこで、今回はおいしい秋の食材の選び方について
お話させてもらいます。



■おいしい秋の食材の選び方

(1)きのこ類
しめじは傘が広がっておらず、
ギュッと一株にまとまっているものが新鮮でおいしいサイン。
色の濃淡は特に関係ありません。

一方まいたけはしめじとは異なり、色が濃く光沢があるものが新鮮。
ふにゃふにゃしているものよりも、
触ると折れそうなハリがあるものが新鮮です。


(2)ごぼう
ごぼうは土つきのものを選んだ方が中が乾燥しにくいのでおすすめ。
ぐにゃりと曲がるものより、固く太さが均一なものが新鮮です。
また、ひげ根の少ないものがおすすめです。


(3)さつまいも
表面に傷がついているものは避けた方がよいです。
皮の色が鮮やかで、色ムラがないものが新鮮でおいしい証拠です。


(4)さんま
頭から背中にかけて盛り上がり、厚みのあるものが新鮮です。
内臓部分に厚みがあり、固いものを選ぶとよいです。

また、目が濁っているものよりも透明なもの、
尻尾を持ったときに一直線に立つものが新鮮だと言われています。


(5)かぼちゃ
秋の味覚を代表する野菜のひとつがかぼちゃ。
β-カロテンが豊富で栄養満点です。

すっしりと重く、表面にツヤがあるものが新鮮な証拠。
1/2サイズのものを選ぶときは、中の色が鮮やかで濃いもの、
種がしっかりとつまっているものがおすすめです。



炊き込みご飯にさんまの塩焼き、焼き芋・・・
想像しただけでヨダレが出そうですね。

ただし、おいしい秋の味覚を食べ過ぎて
太らないように気をつけてくださいね。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る

意外とみんなやってる「間違った歯磨き」4つ

お知らせ 2014.09.08(13:46) 玉山良子
意外とみんなやってる「間違った歯磨き」4つ
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

みなさんは毎日「しっかり歯磨きをしている」と、
胸を張って言えますか?

虫歯予防のため、
口臭予防のため、
歯茎をはじめとした口内環境を衛生的に保つためなど、

普段何気なく行っている歯磨きには大切な役割があります。

しかしその歯磨きが正しくできていない人が大多数!
気がついたら虫歯や歯周病になっていた・・・なんてことも。


そこで、今一度見直したい間違った歯磨き方法をご紹介します。



■間違ってやりがちな歯磨き方法4つ

(1)歯ブラシを濡らしてから歯磨き粉をつける
まず歯ブラシを水で濡らし、歯磨き粉をつける人は少なくありません。
しかし、水で濡らすことで歯磨き粉に含まれる虫歯予防に効果的な
フッ素が薄まってしまいます。

濡らさずに、乾いた状態で歯磨き粉をつけて磨くと
より虫歯予防効果が高まります。


(2)歯ブラシは常に床と平行に動かす
歯ブラシを床と平行に持って左右にゴシゴシと動かす人が多いかと思います。
歯の表面の汚れをとるにはこの磨き方は効果的。

しかし、歯と歯の間につまった汚れは、この磨き方ではとれません。
歯磨きをしたつもりでも歯の隙間には汚れがビッシリ・・・。
あっという間に虫歯や歯周病になってしまいます。

表面を磨いた後は、歯ブラシを縦に持ち、
歯と歯の間の隙間の汚れをかき出すように磨くとよいです。


(3)歯茎は強めにブラッシング
歯ブラシのとき、歯茎もマッサージした方がよいという話を耳にしたことが
ある人も多いかと思います。

しかし適度にマッサージする分には問題ありませんが、
強くブラッシングしすぎると歯茎を傷つけ、出血してしまします。
また、毎日続けると歯茎がどんどん下がってしまい、
そのうち歯が抜け落ちてしまうことも。

歯茎を傷つけないように意識することが大切です。


(4)歯ブラシを交換しない
歯ブラシを長期間交換しないと、毛羽立ったり歯ブラシにコシがなくなり、
汚れをかき出せなくなったり、しっかりと磨けなくなってしまいます。

歯ブラシは月に一度を目安に交換するのがおすすめです。



虫歯が進行して痛みを感じたり、口内環境の悪化から歯が抜け落ち、
食べ物を満足に食べられなくなってしまうこともあります。

おいしいものを、おいしく食べられなくなってしまうなんて悲しいですよね。

毎日の歯磨き方法を一度見返して、
歯の健康を保ってくださいね。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る