認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


気が付いたらブルドック顔に!たるみを増長させる習慣

お知らせ 2014.09.01(10:30) 玉山良子
気が付いたらブルドック顔に!たるみを増長させる習慣
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

早いもので、今日から9月。
7月8月の夏の疲れが出てくる時期が今です。

夏バテならぬ秋バテがやってくるのも今の時期。

そして、夏の間に浴びた紫外線の影響が
ごっそりと出てくるのもまさにこの時期なのです。


紫外線はシミだけでなく、シワやたるみを引き起こします。

それに加え、普段の何気な習慣が
頬のたるみを増長させている可能性もあるのです。


秋の訪れとともに、頬がブルドックのように垂れ、
10歳以上老けて見えてしまう・・・なんてことのないように、
ブルドック顔になるのを防ぐよう意識することが大切です。


今回は、頬がたるみやすくなる、
気をつけたい生活習慣をご紹介します。



■ブルドック顔になりやすい習慣

(1) よく噛まずにものを食べる

「一口30回噛むように」とよく言われていますよね。
実際に30回まで行かずとも、しっかり咀嚼することで口の周りの
筋肉を使っています。

これを2~3回しか噛まずにすぐにゴクンと飲みこむことで、
口輪筋が日に日に衰退していってしまいます。
根菜類を食事に取り入れたり、
しっかり噛むように意識するとよいです。


(2) 気が付いたら口角が下がっている

気が付いたら不機嫌そうな顔になっている人は、(1)と同様で
口のまわりの筋肉が衰退しがちです。

たとえ一人でいる時間でも、口角をキュッと上げる意識をすることで
ほうれい線やたるみができにくくなります。


(3) 猫背

姿勢とたるみは、実は大きな関係があるのです。
猫背など、背骨が曲がることで体全体がゆがみ、
頭蓋骨や額、頬骨もゆがんできます。

その結果、頬骨が前に押し出され、たるみやほうれい線が
目立つようになってしまいます。

正しい姿勢は腰痛や肩こりにも効果があるので、
できるだけ意識してくださいね。



人の泰一印象は6秒で決まると言われています。

口角が下がり、ほほもダル~ンとたるんでいては
不機嫌な印象を相手に与えてしまいます。

できるだけ、口角をあげて若々しい口元をキープしてくださいね!





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

意外と知らない日焼け止めの正しい選び方

お知らせ 2014.08.25(11:30) 玉山良子
意外と知らない日焼け止めの正しい選び方
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

外出時は日焼け止めをつける人も多いかと思います。
紫外線は老化を促進させる美容の大敵とも言われていますよね。

最近は女性だけでなく、シミやシワの予防や皮膚ガン予防のため、
長時間の外出やレジャー、ゴルフなどで日焼け止めを積極的に
つける男性も増えてきています。

紫外線対策をしている人といない人とでは
数年後の見た目年齢が大きく異なってくるので、
是非紫外線対策をすることをおすすめします。


しかし何でも塗ればよいというわけではありません。
日焼け止めにもいくつか種類があり、
それぞれ得意分野が異なります。

そこで、日焼け止めの選び方についてご紹介します。



■紫外線にも種類がある? 日焼け止めの選び方

紫外線にはA波・B波・C波と呼ばれる3つの種類があります。
ただし、C派は地上には届かないので、意識すべきはA派とB波です。

A派(UVA)・・・肌の奥深くまで到達してシワやたるみを引き起こす。
B波(UVB)・・・肌表面の細胞を傷つけて炎症を起こし、皮膚ガンやシミを引き起こす。

そしてこのA波とB波それぞれをブロックするのが、
よく日焼け止めのパッケージに表記がある「SPF」と「PA」です。

SPF・・・紫外線のB波をカットする効果がある。
     SPF1=20分という計算方法なので、SPF30=600分(約10時間)
PA・・・紫外線のA波をカットする効果がある。
    +の表記で強さが記載されていて、+が多い方が効果が強い。


たとえば、ちょっとしたお散歩やお買いもののときは
SPF20、PA++などのもので十分です。

BBQで一日外にいる日や、海やプールで遊ぶ日は
SPF50、PA+++などの効果が高いものがおすすめです。


ここでひとつ注意点!
SPF50=1000分だからといって、朝塗って終わりにするのはNGです。

外出時は汗や皮脂に交じって日焼け止めが落ちてきてしまうので、
2~3時間に一回塗り直すことが大切です。


日焼け止めを上手に活用して最後の夏のレジャーを
楽しんでくださいね!



きらきらネット事務局

玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

抜いたら増えるってほんと?白髪にまつわるウソホント

お知らせ 2014.08.18(11:00) 玉山良子
抜いたら増えるってほんと?白髪にまつわるウソホント
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

「白髪を抜くと増える」という噂を耳にしたことがある人は
少なくないかと思います。

年齢と共に増えてゆく白髪は、
それまで生きてきた証であり、人生そのもの!

しかし、日に日に増えてゆく白髪が気になる・・・という人もいますよね。


そこで今回は、白髪を抜くと増えるという定説が
ウソかホントかについてお話したいと思います。



■白髪を抜くと増える?

結論から言うと、白髪は抜いても増えません。
つまり、定説はウソです。

髪の毛の色はメラニン色素です。
髪の根元にあるメラノサイトと呼ばれる部分で色素が作られ、
髪に黒い色をつけています。

白髪が生える理由のひとつは、メラノサイトが正常に働かなって
髪に色をつけられなくなってしまうことです。

つまり、白髪を抜いたからといって白髪が増えるわけではありません。

しかし、白髪が生えた場所というのは
部分的にメラノサイトが働かなくなってしまっている場所です。

その場所を中心に白髪を何本も抜き続けていると、
地肌を引っ張ったり、無理に毛を抜くことで頭皮のダメージにつながり、
その部分のメラノサイトの働きが更に弱まる可能性があります。

白髪は抜くと頭皮へ負荷がかかってしまうので、
気になる場合はカットするなどの対処法をとった方がよいです。



■黒髪維持のためにすべきこと

(1) 紫外線対策
夏は紫外線が一番強い時期です。
紫外線を浴び続けることで頭皮の細胞がダメージを受け、
メラニンが生成されなくなってしまいます。

外出時は日傘や帽子で紫外線対策を行うとよいです。

(2) バランスのよい食生活
栄養不足や、バランスが偏っているとメラノサイトが栄養不足になり、
黒い色素を作ることができなくなってしまいます。

たとえば、ミネラルを多く含む海藻類、新陳代謝促進に効果的な
ビタミンEを多く含むアボカド、ナッツ、植物油、その他ビタミンAを
含む緑黄色野菜やビタミンBを含む豚肉やチーズ、牛乳など
バランスよく食べると頭皮と髪の健康に効果的です。



また、喫煙や睡眠不足といった生活習慣も
白髪を増やす原因になります。

白髪の増加をくいとめたいな・・・と思っている人は、
普段の生活習慣や食習慣から見直してみてくださいね。




きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

あなたは大丈夫?肥満化がすすむ日本人男性への危険信号

お知らせ 2014.08.11(11:30) 玉山良子
あなたは大丈夫?肥満化がすすむ日本人男性への危険信号
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。


最近では「メタボ」という言葉をよく耳にするように、
中年男性のメタボリックシンドロームや肥満が問題視されています。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、
40~60代男性の肥満者は30%を超えていて、
3人に1人は肥満という結果が出ています。

ただ見た目がぽっちゃりしてくるだけならまだしも、
肥満は放置することで糖尿病や動脈硬化、高血圧症などを
発症しやすくもなります。

これらの生活習慣病は、ときには命の危険につながることもあります。


「太っちゃったな~」で終わらせるのではなく、
体調管理の一環として体重の管理を行うことが大切です。


とはいえ、毎日働いているとなかなか体重管理も簡単ではないですよね。

そこで今回は、毎日の生活習慣で少し取り入れるだけでも
効果的なことをご紹介します。



■肥満を防ぐために取り入れたい習慣

(1) 食事はスープ、野菜から食べる

食事をするときに、まずスープやサラダから食べるようにします。
そうすると血糖値の急な上昇を防ぐことができます。

また、野菜を先に食べることで、
野菜の食物繊維が後に食べる脂肪の吸収を抑える働きがあります。

いきなりお肉!お米!とガツガツ食べるのではなく、
スープやサラダから食べ始めるとよいです。


(2) 主食はパンよりお米

「パンとライスどちらになさいますか?」とランチで聞かれますよね。
この場合、ライスを選択するのがおすすめです。

お米は血糖値がゆっくりあがるため、満腹感が長続きします。
また、お米の方が噛む回数が増えることから、満足感も得られやすいのです。

また、お米は「低インスリン」としても知られています。
食べ物を消化するときに上昇した血糖値を戻すために分泌されるインスリンは
余分なエネルギーを脂肪に変える働きをしているので、
お米のような低インスリンの食品は他の食品よりも太りにくいのです。


(3) お腹がすいたら我慢しない

お腹が空いても我慢していると体が飢餓状態になり、
次に食べたものをしっかりと脂肪として蓄えようとしてしまします。

お腹がすいたら我慢せず、スープやおにぎりをお腹に入れるなどして
飢餓状態を作らないのがポイントです。

しかし、食べ過ぎると当然太ってしまうので、
少量をお腹に入れることを意識する必要はあります。



このように、普段の生活のほんの少しだけ意識することで
太りにくくなってきます。

是非毎日の習慣にとりいれてみてください!




きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

一日一粒で体が整う「神の与えた食物」と呼ばれる魔法の実とは

お知らせ 2014.08.04(11:00) 玉山良子
一日一粒で体が整う「神の与えた食物」と呼ばれる魔法の実とは
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

みなさんは「デーツ」と呼ばれる実をご存知ですか?
デーツとはなつめやしの実のことで、
中近東諸国では日常的に食べられている身近な食物です。

日本ではなかなか目にする機会はありませんが、
ドライフルーツのデーツは最近取り扱っているお店も増え、
注目されています。

実はこのデーツ、バランスよく栄養が摂取できることで知られていて、
イスラム教の聖典コーランには「神の与えた食物」、
旧約聖書には「エデンの園の果実」と記載があるほどです。


ドライフルーツになったデーツは親指一本分程度。
一日一粒食べるだけで美容健康に効果的だと言われています。

そこで、スーパーフードであるデーツの効果について
ご紹介させていただきます。



■神の与えた食物「デーツ」のスゴイ効果

デーツには、マグネシウム、鉄分、亜鉛、カルシウム、
ビタミンB、食物繊維など多くの栄養素がバランスよく含まれています。

デーツを毎日一粒食べることで、以下のような嬉しい効果が期待できます。

(1)免疫力UP
デーツに含まれる亜鉛には免疫細胞を活性化する働きがあります。
花粉症をはじめとしたアレルギーや、
病気に対する免疫力がUPすると言われています。

(2)ダイエット効果
デーツには食物繊維が豊富に含まれています。
その含有量は果物の中でもトップクラスです。
お通じもよくなり、食事と一緒に摂ることで脂肪の吸収も抑えてくれます。

(3)貧血予防、改善
鉄分が豊富に含まれていることから、貧血の予防、改善に効果的です。
また、妊娠中の女性が毎日2~3粒程度食べると健康的な赤ちゃんが生まれる
とも言われています。

(4)整腸作用
美容や健康は腸から作られていると言っても過言ではありません。
腸は"第二の脳"とも言われるほど重要な臓器なんです。
の働きはもちろん、免疫細胞の約7割は腸にあると言われていて、
ウイルスなどを撃退する働きもあります。

デーツに含まれるマグネシウムや食物繊維は腸を整える効果があります。

(5)骨粗しょう症予防
カルシウムが含まれていて、健康的な骨の維持に効果的です。
また、骨に効果的だと言われているビタミンKも含まれています。



このように、デーツにはたくさんの栄養素が含まれていて、
そのことで多くの美容健康効果が得られます。

ドライフルーツは果実より水分が少ない分食べる量も少量でよく、
しかし栄養素は果実と同じだけ含まれるので効率よく摂取できます。

夏は食欲がなくなりがちなので、
一日一粒のドライデーツで栄養補給をしてみてはいかがでしょうか。




きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る