認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


口がパッサパサに乾燥している人は老けやすい?

お知らせ 2014.06.23(11:00) 玉山良子
口がパッサパサに乾燥している人は老けやすい?
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

口の中が乾燥しているな~と感じることはありますか?

実は「ドライマウス」と呼ばれる口の中が慢性的に
乾燥するという症状を訴える人は少なくありません。

ドライマウスは、加齢や緊張・ストレス、口での呼吸が多い、
不規則な生活などなど色々な原因で発症します。

唾液は殺菌効果もあるので、
ドライマウスを放置すると虫歯や歯周病になりやすく、
食べ物の消化にも悪影響になってきます。

また、口内が唾液で潤っていないと口臭の原因になります。
ミントを食べても口がパサパサだとまたすぐにクサくなってしまいます。

口の中が常に乾いているな~と感じる人は、
少し気をつけてみる必要があります。

今回は、口の中が乾燥しやすい人におすすめの
唾液の分泌を促す方法についてご紹介します。



■唾液の分泌を促進する方法

(1) ガムをかむ
ガムをかむことで唾液の分泌が促進されると言われています。
噛むだけでよいのでどこでも簡単に行えます。

(2) 舌ぐるぐる運動
舌先で奥歯の歯ぐきや、前歯の表面の歯ぐきをなぞるように
口の中で舌をぐるぐると動かします。
そうするだけでも唾液がじわっと出てきます。

(3) 噛みあわせ部分をマッサージ
耳の前あたりにある噛みあわせ部分を指でグリグリと刺激すると
唾液の分泌が盛んになります。
オフィスでもできるので是非試してみてください。

(4) 水分補給
やはり何と言っても水分補給は欠かせません。
特に夏は汗や室内のエアコンで知らないうちに身体の水分が
汗と一緒に出ていってしまいます。

こまめに水分を補給するとよいです。



口の中が乾いてきたな~と感じたら、
上記を試してみてください。

口の中がしっかり潤っていることで、
口臭予防、歯周病予防にもつながります。

唾液は口内環境においてとても重要な役割があるので
乾燥が気になる人はしっかり対策をとってくださいね!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

体が固い人は太りやすい、柔らかい人は痩せやすい!

お知らせ 2014.06.16(10:45) 玉山良子
体が固い人は太りやすい、柔らかい人は痩せやすい!
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

みなさんは体が固いですか?それとも柔らかいですか?

実は、柔軟体操をするときに体が固くてイテテテとなる人は
柔らかい人よりも太りやすい可能性があります。

毎日同じものを同じ量食べていても、
自分だけブクブク太っていくなんてちょっと悲しいですよね。

体脂肪のつきすぎは健康面からもおすすめできません。


そこで、今回は体が固さと脂肪のつきやすさについてお話します。



■体が固いと脂肪がつきやすい?

脂肪がつきやすい人とつきにくい人の違いはズバリ「代謝」にあります。

基礎代謝が高い人は摂取した脂肪が燃え、
どんどんエネルギーとして使われるので脂肪がつきにくいです。

しかし、代謝が低い人は
脂肪がなかなか燃焼されないので体に蓄積されてしまいます。


残念ながら基礎代謝は加齢とともにどんどん減ってきてしまうもの。

10代、20代と同じものを同じだけ食べていると
あっという間に太ってしまうので、
普段から代謝を上げる意識をする必要があります。


体が固い人と柔らかい人とでは代謝量に大きく違いが出てきます。


例えば股関節が柔らかい人は、
ただ歩くだけでも足のつけ根からしっかり動くので
血行や代謝促進につながります。

逆に股関節が固い人は、足の可動域が狭く、
下半身の血行が悪くなり代謝も落ちてしまいます。


体の柔らかさはひとつひとつの動きの可動域を広げ、
血行や代謝UPに大きく影響してきます。

体が固い人は毎朝体操やストレッチを取り入れると体温も上がり、
血行や代謝が上がるのでおすすめです。



■毎朝やりたい「代謝UP」のカンタン体操

朝起きてベッドから起きる前に、
仰向けの状態で以下の体操を取り入れると血行や代謝促進につながります。

(1) 仰向けになって全身をグーッとしっかり伸ばす
(2) 片膝を胸まであげて太ももの裏を伸ばす
(3) 胸にある片膝を、逆サイドに倒してウエストをひねる

この3つを行ってからベッドを出るだけで、
血行やよくなり体に活動スイッチが入ります。

これに加えて屈伸や前屈などを行うとより体全体の代謝が上がります。
毎日ストレッチを行って、脂肪がつきにくい体を目指してくださいね。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

知って得する!おいしい夏野菜の見分け方 

お知らせ 2014.06.09(11:40) 玉山良子
知って得する!おいしい夏野菜の見分け方 
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

日に日に暑くなり、もう夏がそこまできていますね!

夏を代表する野菜といえば
キュウリ、ナス、トマト、ピーマン、オクラなどの夏野菜。

夏野菜はビタミンC、ビタミンE、カロチンなどの栄養素を多く含むみ、
夏バテ防止に効果的だと言われています。


また、夏野菜には水分を多く含むものや、
利尿作用のあるカリウムを含むものが多く、
火照った身体を冷やしてくれる効果も期待できます。

そんな夏野菜は是非毎日バランスよくとりいれたいですよね!


今回は、スーパーに並ぶ夏野菜の中から、
よりおいしい野菜の見分け方についてご紹介します。



■おいしい夏野菜の見分け方

【トマト】
・おしり部分がキレイな星型になっているもの
・へたが枯れていたり、色が薄くなく、キレイなグリーンのもの
・表面にハリがあって重量感を感じられるもの

【きゅうり】
・全体的にハリがあり、表面がよりトゲトゲしいもの
・両端が尖っていないもの
・深く濃い色合いのもの

【ナス】
・色が濃く、表面にツヤのあるもの
・へた部分がよりトゲトゲしいもの
・表面にハリがあり、重量感があるもの

【ピーマン】
・色ムラがなく、均一な色合い
・緑色が濃いもの
・へたが六角形以上のもの
・全体的にハリがある

【オクラ】
・濃く鮮やかな緑色のもの
・表面のうぶ毛がしっかり残っているもの
・大きすぎないもの(小さいものの方が味がしっかりしていることが多い)


多くの野菜に共通して言えるのは表面の「ハリ」。

よく買う野菜は、これらの見分け方を覚えておくと
スーパーでの野菜選びに役立ちます。

よりおいしい夏野菜で、今年の夏は乗り切りたいですね!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

同窓会で「若いね!」と言われるためにすべきこと4つ

お知らせ 2014.06.02(10:00) 玉山良子
同窓会で「若いね!」と言われるためにすべきこと4つ
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

「パラソル男子」という言葉を聞いたことはありますか?

近年、春~夏にかけて日傘をさす男性が増えてきているそうです。
そんな日傘を使用する男性がパラソル男子と呼ばれています。

日傘といえば女性が使用するもの・・・という
イメージを持たれる人も多いかと思いますが、
実は男性女性問わず日傘は使用した方がよいんです!

紫外線の予防を怠ると、日焼けやシミだけでなく、
シワや顔全体のたるみにつながってしまいます。


紫外線以外でも、普段から気にかけている人といない人とでは、
見た目年齢に大きな差が開いてしまいます。

女性はスキンケアやメイクを習慣的に行っている人も多いですが、
男性は何もしていないという人が多いかと思います。

同窓会に出席して、「あの人老けたな・・・」と思われないためには
少し意識してみるのがおすすめです。


そこで、男性が同年代よりも若々しく見られるために
とり入れると効果的なことをご紹介します。



■若々しさを保つために男性がとりいれたいこと

(1) 化粧水、乳液での保湿

「男が化粧品?」と抵抗を感じる人もいるかと思いますが、
最近はデパートやドラッグストアに男性用の化粧品が多く並んでいます。

人の肌は年とともにシワやたるみが出てくるものですが、
肌が乾燥している人は特にシワやたるみになりやすいのです!

柔らかい布を丸めても後はつきませんが、
固い紙を丸めるとクシャクシャと跡がつくように、
しっとりしている柔らかい肌はシワになりにくく、
乾燥している肌は表情ジワがつきやすくなってしまいます。

また、保湿することで肌にツヤと透明感が出て、
顔全体がパッと明るく若々しくなります。

男性用の化粧品でなくても、お風呂上りや洗顔後に
ご家族の化粧品を少し使用するのもOKです。


(2)日焼け止めを使う

パラソル男子の話でも触れましたが、紫外線は肌をどんどん老化させます。
趣味がゴルフや釣りという人は長時間外で紫外線を浴びることになるので
人よりも肌が老化しやすくなってしまいます。

外にいる時間が長いときは日焼け止めや日傘を使用するとよいです。


(3) ベロまわし体操

男女問わず気にしている人が多いのが口の横にできる「ほうれい線」。
アニメキャラクターでも、年配のキャラクターには必ずと言ってよいほど
ほうれい線が描かれていて、加齢の象徴的なシワになっています。

このシワの予防、改善にはベロまわし体操がおすすめです!

口の内側から舌でほうれい線をグッと内側から押し上げるように
マッサージします。
小鼻の横からほうれい線に沿って口角あたりまで10回程度行い、
反対側も同様に行います。

口輪筋も鍛えられ、口元のシワの予防や改善につながります。



シワは生きてきた証でもありますが、
もし若々しく見せたいな・・・と思う場合は
これらをとり入れてみてくださいね!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

汚すぎ!台ふきってひょっとすると細菌のかたまり?! 

お知らせ 2014.05.26(10:45) 玉山良子
汚すぎ!台ふきってひょっとすると細菌のかたまり?! 
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

突然ですが、キッチンの流し場の三角コーナーと台ふき、
どちらの方が不衛生だと思いますか?

答えはなんと台ふき!
もちろん全部が全部そうというわけではありませんが、
台ふきは特に雑菌が繁殖しやすい場所なんです。

キッチンまわりを拭いたり、食前食後のテーブルを拭くために
台ふきを使用しているご家庭が多いと思います。

しかし、台ふきは使い方を一歩間違えると
あっというまに雑菌が繁殖してしまいます。

テーブルをキレイにするための台ふきで、
テーブルに雑菌をぬりたくってしまっている可能性もあります。


今回は、台ふきに潜む落とし穴と清潔に使用するポイントをご紹介します。



■台ふきは雑菌が繁殖しやすい

『高温多湿』は食中毒の原因菌が繁殖しやすい条件です。
湿っていて食べ物カスがついていることも多々ある台ふきは
雑菌にとって絶好の住みかであり、繁殖に適している場所なんです。

シンクやテーブルを拭いてそのままにしておくと
みるみる雑菌が繁殖してしまいます。
その台ふきで再度テーブルを拭くと
雑菌をぬりたくっているようなもの・・・。

食中毒を予防するためにも、
台ふきの衛生面は意識したいところです。


また、使用した台ふきを水洗いしても雑菌は落とし切れません。

これからの季節は梅雨にむけて湿気が多くなる時期なので
水洗い後に部屋干しをすると、それだけでも雑菌が繁殖してしまいます。

使用した台ふきを放置してまた使用したり、
ササッと水洗いしてまた使うことで、清潔に保ちたい食卓が
どんどん雑菌で汚染されてしまいます。

台ふきの使用については注意する必要があります。



■衛生的な台ふきの使用方法

一番の理想は、一回ずつ台ふきを取り換えることです。
一度使用したものは洗濯し、天日干しをすることで雑菌を落とすことができます。

しかしながら、一度だけ使用して毎回洗っていると
かなりの手間になってしまいますよね。

おすすめなのがアルコール除菌効果のあるウエットティッシュです。

使い捨てタイプのものを毎回使用することで
除菌もできるので安心して使えます。

コスト的にも負担になりにくい価格帯なので、
これからの梅雨の時期には特におすすめです。


テーブルをキレイにするための台ふきで、
逆にテーブルを汚さないように気をつけたいですね!





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る