認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


男性も意識して!想像以上に怖~い紫外線の悪影響

お知らせ 2014.04.14(10:40) 玉山良子
男性も意識して!想像以上に怖~い紫外線の悪影響
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

春らしい陽気とともに、4月から急上昇するのが紫外線量です。

紫外線といえば「シミ」「シワ」の原因となる
美容の大敵として知られています。
それだけに女性と比べ、男性は紫外線を気にしない人が多いです。

しかし、紫外線が影響を及ぼすのはシミやシワだけではありません。

紫外線対策をしている人といない人では、見た目年齢の印象や
体の内側の老化度合が大きく異なってきます。


今回は、男性にも意識してもらいたい紫外線の怖い悪影響をご紹介します。



■想像以上に怖い紫外線の悪影響

(1)薄毛、抜け毛、白髪につながる

頭部は紫外線の影響を受けやすい部分です。
紫外線を浴びると髪は痛み、頭皮はダメージを受けてしまいます。

頭皮がダメージを受けることで、白髪や薄毛につながり、
更には抜け毛を誘発します。

散歩のとき、釣り、ゴルフやランニングといったスポーツを好まれる人は
帽子をかぶって紫外線対策をするとよいですよ!


(2)皮膚ガンなどの原因にもなる

紫外線は肌細胞の遺伝子を傷つけてしまいます。

傷ついた遺伝子は少しずつ自然と修復されていくのですが、
一気に多くの紫外線を浴びてしまうと、一度にたくさんの遺伝子が傷つき、 
遺伝子が突然変異を起こし、皮膚ガンを誘発する恐れがあります。

「シミやシワができても平気」と思っている男性も、
皮膚ガン予防のために長時間の外出時は日焼け止めクリームなどで
紫外線対策をすることをおすすめします。


(3)5~10年後にいっきに老ける

男性は女性と比べて日焼けしやすいですよね。

日焼け止めを塗らない、メイクをしない、
髭を剃ることから肌が薄くなっている、
といた理由から紫外線の影響を受けやすいのです。

紫外線は浴びれば浴びるほど肌のハリを奪い取ってしまいます。

今は平気と思っていても、5年後にまわりと見比べると肌はしぼみ、
同年代の男性よりもシワが多く、シミがたくさん顔に現れていることも。



このように、紫外線は男性にも多くの悪影響を及ぼします。

最近は乳液タイプのパパッと塗れる日焼け止めも発売されているので、
朝の習慣として取り入れてみるのもおすすめですよ!

特にゴルフや外のスポーツを楽しまれる人は意識してくださいね。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る

知らずにやってた!高血圧を招く意外な習慣

お知らせ 2014.04.07(11:40) 玉山良子
知らずにやってた!高血圧を招く意外な習慣
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

心筋梗塞や動脈硬化、脳梗塞の原因のひとつとなるのが高血圧です。

高血圧という言葉はよく耳にしても、
イマイチ実感が沸かないという人も多いかと思います。

しかし、高血圧は誰しもがなりうるものであり、
その危険性は普段の生活習慣に潜んでいるんです!

そこで今回は、高血圧につながってしまう生活習慣についてご紹介します。



■高血圧につながる生活習慣

(1)味の濃い食事を好む 

塩分を摂取しすぎると血圧が高くなります。

日本人の平均塩分摂取量は11.2gと言われており、
世界と比べるとかなり高い数字です。(平成18年国民健康・栄養調査)

味付けは薄めにする、コンビニなどの味付けの濃いものに
頼り過ぎないなどの意識が必要です。


(2)喫煙

タバコを吸ことで血管が収縮し、血圧が一時的に高くなると言われています。
たくさん吸えば吸うほど、血圧の上下の回数が多くなってしまいます。
健康のことを考えると禁煙することをおすすめします。


(3)朝、布団からガバッと起きる

4月とはいえ、まだ朝晩は冷える日もあります。
布団が恋しい朝に気合いでいきなり起きると、
布団内外の温度差によって血圧が急に上がってしまいます。

急に起きるのではなく、布団の中でストレッチをするなどして
体温を上げてからゆっくりと起き上がるのがおすすめです。


(4)「太ったな」と感じても見て見ぬふりをする

少し太り気味だな~、お腹まわりに脂肪がたっぷりついているな~と
感じている人は要注意です。

内臓脂肪が多いと全身の血液量が増加するので、血液を送り出す際に
大きな圧力高血圧を招きやすくなります。

また、肥満になると血液中のインスリン濃度が高くなる
「高インスリン血症」という症状が引き起こされます。
このことで血管の収縮や機能の低下につながり、高血圧につながります。

肥満はそれ以外にも糖尿病をはじめとした生活習慣病を招く危険性が
高いので、普段から軽い運動を取り入れるなどして気をつけるとよいです。



何気ない生活習慣でも、続けると高血圧につながり、
場合によっては重大な病気を引き起こす可能性が大きいです。

普段から意識して生活してくださいね!



きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る

今すぐ買いに行きたくなる驚くべき「菜の花の美容健康」パワー 

お知らせ 2014.03.31(11:00) 玉山良子
今すぐ買いに行きたくなる驚くべき「菜の花の美容健康」パワー 
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

明日からいよいよ4月に突入。
新入社員を迎え、新年度がはじまる会社も多いかと思います。

そんな春先のこの時期は環境が大きく変わったり、
昼夜の温度差から体調を崩す人も少なくありません。

栄養バランスがとれた食事をして体調管理を意識したいところです。


そこで、今回は是非この時期に食べたい旬の食材「菜の花」の
嬉しい美容健康効果についてご紹介します。



■菜の花の美容健康効果

(1) ビタミンC豊富で肌の健康や関節痛に効果的

意外と知られていませんが、
菜の花には緑黄色野菜トップクラスのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは紫外線の予防や、シミ・シワの予防改善に効果的で、
更にコラーゲンの生成を促進するため、ひざや腰の関節痛にも効果的です・


(2)疲労回復効果

ごはんやパン、麺類などの糖質をエネルギーに変えるために必要な
ビタミンB1をたっぷり含むため、効率よくエネルギーが作られ、
疲労回復にも効果的です。


(3)花粉症対策にもピッタリ

春は花粉も気になる時期です。
菜の花に含まれるβカロテンは体内でビタミンAに変わり、
肌の粘膜を強化してくれます。

粘膜を強化することで花粉症の症状緩和にも効果的です。


(4)食物繊維が豊富で便秘解消

菜の花にはたくさんの食物繊維が含まれています。
食物繊維は体の老廃物を対外へ排出する働きがあるので
便秘がちな人にはおすすめです。

また、脂っこいものを食べるときに食事の前に摂ることで、
脂肪の吸収を抑える働きもあります。

菜の花を使った前菜を食事にプラスすることで
脂肪の蓄積防止にも効果的です。



このように、菜の花には実は嬉しい健康効果がたっぷりあります。

きのこや豚肉と炒めたり、お浸しとしても簡単にとり入れられるので
是非春の食生活の救世主としてレパートリーに取り入れてみてください!



きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る

それってガンかも…実は危険なホクロの見分け方

お知らせ 2014.03.24(10:40) 玉山良子
それってガンかも…実は危険なホクロの見分け方
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

みなさんは顔や身体にホクロはありますか?

小さなものから大きなもの、
色の薄いものかた濃いもの、
生まれつきのものや、気が付いたらできていたものなど、
ホクロにも色々と種類がありますよね。

しかしホクロだと思っていたものが
実は皮膚ガンの一種の悪性腫瘍である可能性もあります。

悪性腫瘍である場合は、
すぐに取り除く必要があるので早期発見が重要です。


今回は、普通のホクロと、悪性腫瘍の見分け方をご紹介します。



■悪性腫瘍の可能性があるものの特徴

(1) 形が丸くなく、あやふやなもの

左右対称なものや、丸い形をしておらず、
どこかあやふやな輪郭のものは要注意です!

ホクロは規則性があるため、左右対称であったり丸いことが多いです。
しかし、悪性腫瘍は無秩序に、急激に増殖するため形が丸くないのです。


(2) 色ムラやデコボコがあるもの

黒いホクロの中に白い斑点があったり、
デコボコとでっぱっているものは悪性腫瘍の可能性があります。

また、かゆみをともなったり、出血するものも要注意。
大丈夫かな~と放置せず、一度病院で見てもらったほうがよさそうです。


(3)大人になってからできたホクロ

生まれつき、子どものころからあるホクロよりも、
「あれ?こんなところにホクロ・・・いつできたんだろう」というような
大人になってからのホクロは悪性腫瘍の可能性があります。


(4)大きくなるスピードがはやいもの

日に日に大きくなるホクロ・・・それは危険のサインです。
悪性腫瘍は大きくなるスピードがはやいため、少しでも気になったら
早めに病院で診てもらった方がよいです。


(5)足の裏のホクロ

実は日本人の悪性腫瘍ができる場所で多いのが足の裏だと言われています。
悪性腫瘍ができる人の約3割が足の裏だということが分かっています。
もし足の裏をチェックして、
いつもなかったホクロを発見したら要注意です!


このように色々と見分け方があります。

逆に、左右対称で丸いものや、毛が生えているホクロは
悪性腫瘍の可能性は低いとされています。

皮膚ガンの一種である悪性腫瘍は大きくなるのが早いので、
少しでも気になったら病院で診てもらうとよいですね。



きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る

間違いだらけの花粉症対策を見直そう! 

お知らせ 2014.03.17(12:00) 玉山良子
間違いだらけの花粉症対策を見直そう! 
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

この時期は花粉症に悩まされている人も少なくありません。

くしゃみ、鼻水、かゆみ、涙・・・
気になって仕事も手につかないですよね。


花粉対策をしている人は多いですが、
良かれと思って行っていることが
意外にもまったく効果をなしていないこともあります。

いつもの対策をもう少し工夫するだけで数倍効果が上がるので、
ご存知の方も多いかと思いますが、花粉対策のポイントをまとめてみました。



■花粉対策のポイント

(1) 外出時のマスク、重要なのはマスク選び!

マスクをするだけで花粉を防げるものではありません。
花粉は当然マスクと肌の隙間からもどんどん侵入してきます。

マスクもいろいろな種類がありますが、
フェイスラインにピタッとフィットするタイプのものがおすすめです。

また、女性が使用する場合は、
男女兼用のものだと大きくて隙間が空くこともあるので、
女性用を選んだ方がよいです。


(2) マスクの外し方も大切

せっかくマスクで花粉を予防しても、
マスクの外し方ひとつで今までの予防が無意味になってしまいます。

マスクの表面には花粉がたっぷり付着しているので、
マスクを外すときに表面を触ってしまうと、手に花粉がべっとり。
その手で顔を触ったり、食事をすると花粉対策の意味がありません。

マスクは耳にかけるゴム部分を持ってそっとはずし、
すぐにビニール袋に入れてゴミ箱に捨てると飛散しません。
マスクは使い捨てが理想です!


(3) 家に入る前のひと手間を

コートやジャケットなど、服にもたくさん花粉がついています。
手洗いやうがい、マスクの処理が完璧でも、
服についた花粉を吸いこんでしまっては意味がありません。

家に入る前は玄関前でコートやジャケットを脱いでパンパンと
花粉を払うひと手間をかけるとよいです。


(4) 食生活もチェック

ヨーグルトが花粉症に効果的だと耳にしたことがある人も多いかと思います。
実は、身近な食材であるニンジンも効果的なんです!

にんじんに多く含まれるビタミンAには、
体の粘膜を強化する役割があります。
口や鼻の粘膜を強化することで、花粉やウィルスをブロックし、
体内への侵入を防ぐことにつながります。

ニンジンを一日半分食べるだけで効果的なので、
ニンジンサラダやニンジンジュース、煮物などで効果的に摂りたいですね。


このように花粉症対策にも色々あり、それぞれに注意ポイントがあります。

毎年花粉が気になる・・・という人は、
再度いつもの花粉対策を見なおしてみてください!




きらきらネット事務局
玉山




【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター

>>記事詳細を見る