認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


やらないと損!朝ストレッチはいいことづくし

お知らせ 2015.06.29(14:40) 玉山良子
やらないと損!朝ストレッチはいいことづくし
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

毎朝なかなかベッドから出られず、
寝起きが悪いという人も少なくないようです。

そんな人にオススメ情報があります!

ベッドから起きる前にストレッチをしてみてください。
スッキリ起きられるだけでなく、嬉しい効果がたくさん期待できます。

そこで今回は、朝のストレッチで得られる
お得な健康効果についてご紹介します!



■朝ストレッチのメリットとは

ベッドの中で全身グーッと伸びたり、
膝を胸にグッと近づけて太ももの裏側を伸ばすストレッチがおすすめです。

以下のようなメリットが期待できますよ!

(1) 全身の血行がよくなる

太ももをはじめ、大きな筋肉を動かすことで血行がよくなります。
寝ている間は血流が悪くなっているので、
朝ストレッチで血流を良くしてあげると体が活性化するのでおすすめです。


(2) 代謝UPでダイエット効果も

血行がよくなると代謝もUPします。
朝に代謝がUPすると、同じ生活をしていても脂肪が燃焼されやすく、
痩せやすい体になるのでおすすめですよ!


(3)自律神経がととのい、スッキリ目覚められる

朝のストレッチはヤル気スイッチをONにしてくれます。
筋肉を動かすことで、交感神経に働きかけ、
脳も体も活性化し、スッキリと目覚めることができます。


なかなかベッドから出られない・・・という人は、
是非ベッドの中でストレッチをしてみてください。

一日シャキッと過ごせるかもしれませんよ!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

夏の夜は「3・3・7」で快眠を

お知らせ 2015.06.22(15:00) 玉山良子
夏の夜は「3・3・7」で快眠を
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

暑い日が増え、寝苦しい夜が増えてきましたよね。

なかなか寝付けなかったり、
暑くて起きてしまったり・・・

しっかり睡眠がとれないことで、
朝起きると疲れているなんてことも。

そこで、実は最近注目されている睡眠法があります。
それは「3・3・7」睡眠法。

3つのポイントを押さえることで、
寝ている間に成長ホルモンの分泌が促進され、
効果的に睡眠をとることができると言われています。

また、成長ホルモンは脂肪の分解も促進すると言われているので、
肥満防止のためにもしっかり分泌させたところです。

そこで、この睡眠法に基づき、
意識したい3つのポイントをご紹介します。



■話題の「3・3・7」睡眠法 3つのポイント

(1)午前「3」時までには必ず寝る

寝ている間に分泌される成長ホルモンは、
人の様々なリズムの関係から10時~午前3時が
最も分泌されると言われています。

そこで、遅くとも午前3時までには眠っていることが大切です。


(2) 最初の「3」時間に質の良い睡眠をとる

眠り始めて最初の3時間が実は重要。
成長ホルモンは最初の3時間に分泌され、
その後は分泌されないとも言われています。

携帯の充電の光、豆電球など、小さな光でも
睡眠を妨げる原因となるので、
部屋はできるだけ真っ暗にして、
最初の3時間をしっかり眠るように意識することが大切です。


(3)トータル「7」時間睡眠を意識する

睡眠不足になると、“ドカ食いホルモン”が分泌されやすくなり、
太りやすくなると言われています。
そこで7時間程度睡眠をとることが大切。

たとえば夜に6時間しか寝れなかった人は、
どこかで1時間お昼寝をするなど、
トータルで7時間になるように調整するとよいそうですよ。



しっかり眠ることで疲れがとれ、
肥満防止にもつながります。

寝苦しい夏は睡眠不足になりやすいので、
是非これらを意識してみてください。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

クサい・・・と思われてるかも!1分でできる体臭度チェック

お知らせ 2015.06.15(10:05) 玉山良子
クサい・・・と思われてるかも!1分でできる体臭度チェック
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

蒸し暑い日が増え、
汗をたくさんかくようになったという人も多いかと思います。

そんなとき気になるのが体臭。
汗の臭いやワキの臭い、頭皮の臭い・・・など、
夏は様々な臭いが気になるようになります。

自分では気が付いていなくても、
周囲からは「あの人臭い」と思われてしまうことも。

そこで今回は、体臭がクサくなりがちな習慣をチェックしてみましょう。



■体臭がクサくなる人のNG習慣

以下の項目で当てはまるものにチェックしてみてください。

(1) かいた汗はふかずに自然乾燥
(2) 頭皮がベタベタする
(3) お酒をたくさん飲む
(4) 辛い物を好んで食べる
(5) お肉やチーズなどの動物性たんぱく質よく食べる
(6) インスタント食品やスナック菓子を好んで食べる
(7) にんにくやネギを好んで食べる
(8) 毛深い
(9)同じ靴を毎日履く

実はこれ、すべて体臭がキツくなる人の特徴なのです。


例えば汗は放置すると臭いのもとになるので、
できるだけこまめに拭き取るようにしてくださいね。

そして食べ物は体臭と深い関係があります。
動物性たんぱく質を多く摂取する人や、
刺激のあるものを好んで食べる人は体臭も強くなる傾向に。
野菜をたくさん食べ、バランスよく食事することが大切です。

お酒の飲み過ぎも注意が必要です。
代謝できなかったアルコールは汗としても分泌されるため、
より強い体臭となってしまいます。

また、毛深い人は毛に汗や皮脂が付着しやすく、
時間の経過とともに臭いの原因になるので、
よりこまめに汗を拭きとる等、こまめなケアを意識した方がよさそうです。


また、今の梅雨の時期は同じ靴を毎日履いていることで
湿気が靴内にこもり、クサい靴や足の原因にもなってしまうので、
できれば2足を毎日交互に履き替えるなどするのがおすすめです。


これらを参考に、
夏の臭い対策をしてみてくださいね!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

脳も体もスッキリ!効率のよい休憩の取り方

お知らせ 2015.06.08(12:34) 玉山良子
脳も体もスッキリ!効率のよい休憩の取り方
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

日に日に暑くなり、
体力を消耗しやすい季節になってきました。

こういうときは無理をせず、しっかり休憩を取りながら
仕事や家事をするのが一番です!

しかし、ただ休憩時間をとったところで、
パソコンでネットサーフィンばかりしていたり、
スマホに熱中していると逆に疲れてしまうことも。


そこで、短時間で体を回復させるために、
休憩中におすすめできないことと、取り入れたいことをご紹介します。


■休憩中にはおすすめできないこと

特に毎日パソコン作業が多い人は、
休憩中くらいはパソコンやスマホから目を離した方が賢明です。

パソコンやスマホのディスプレイからは強い光が発せられていて、
長時間見続けると目が疲れやすいのです。

休憩中に目が疲れてしまっては意味がありませんよね。
休憩中のスマホ操作は必要な場合はササッとすませ、
できるだけ目も休ませてあげるとよいです。


■休憩中に取り入れたいこと

(1) お散歩
デスクワーク等の座りっぱなしの仕事の人は、
休憩中に少し歩くとよいです。
脚の筋肉が使われて全身の血行がよくなり、
老廃物もしっかりと流れてくれます。
気分転換にもおすすめ。

(2) 甘い物を食べる
「疲れたときには甘い物」とよく言われますよね。
まさにその通り!
糖分は脳のエネルギーになるので、疲れたときに食べると
脳が元気になると言われています。

ただし、食べ過ぎると太ってしまうので気を付けてくださいね。
休憩中は1~2粒くらいで十分です。

(3)15~20分の昼寝
短い時間の昼寝は、脳の疲れを回復すると言われています。
昼寝をした方が、その後の業務効率も良いそうですよ。

しかし、それ以上寝過ぎてしまうと脳がお休みモードに。
なかなか起きられなかったり、ボーっとしてしまいます。

15~20分を目安に昼寝をしてみてはいかがでしょうか。



最近は5月病ならぬ6月病という言葉もあるほど、
6月は蒸し暑く、梅雨でどんよりと過ごしにくい気候です。

疲れたなと思ったら無理はせず、
短時間でも休憩してくださいね。





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

梅雨のジメジメいや~な雑菌からお部屋を守るコツ

お知らせ 2015.06.01(09:00) 玉山良子
梅雨のジメジメいや~な雑菌からお部屋を守るコツ
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

今年もジメジメとした梅雨がもうまもなくやってきます。

雨の日が続くことで屋外はもちろん、
部屋のなかもジメッとしてしまいますよね。

湿度が高い場所は、カビ菌や雑菌が好む場所でもあります。

知らない間に布団やカーペットが雑菌だらけ…
嫌なニオイを発するかもしれません!


今回は、そんな嫌な梅雨のジメジメ&雑菌の繁殖から
お部屋を守る方法をお話させていただきます。



■エアコンは常に除湿!

何と言っても一番早い解決法はエアコンの除湿機能や、除湿器を使用することです。

部屋の湿気をとるだけで、体感温度がグッと下がるので
蒸し暑さも軽減されます。

逆に部屋の湿度が高いと蒸し暑く、
布団やカーペットにダニや菌が増殖しやすくなってしまうので
常に部屋を除湿しておくとよいです。


■布団カバー、まくらカバーはこまめに洗う

ただでさえ湿気が多い梅雨の時期は、
寝ている間にも汗をかくので布団やまくらもジットリ…。

特にまくらには顔や頭皮から分泌される皮脂が付着しやすく、
それがダニのエサになることも!

布団カバーやまくらカバーは1~2週間に一回は洗うようにしたいところです。
部屋で干すときは、部屋干しようの洗剤を使うとよいですよ!


■カーペットはスチームや除菌スプレーを使用

カーペットは布団カバーと違ってなかなか洗えません。

そこで、ドラッグストアなどで販売されている除菌スプレーを使用したり、
アイロンの高温スチームをあてることでダニや雑菌を退治できます。

しかし、スチームをあてっぱなしだとまたカーペットに
湿気がたっぷりふくまれてしまうので、
お部屋はエアコンでしっかり除湿しておいてください。



是非今年の梅雨は、
除湿や除菌を意識してスッキリのりきってください!





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る