認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


父の日に贈ると失礼なお花って?

お知らせ 2015.05.25(10:20) 玉山良子
父の日に贈ると失礼なお花って?
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

もうすぐ父の日ですね。

長年お世話になったお父様に感謝の気持ちを
贈る方も多いかと思います。

母の日を代表する花といえばカーネーションが有名ですよね。
では、父の日はどのようなお花を贈る人が多いのでしょうか。

一般的に多いと言われているのがバラです。
黄色や白のさわやかなバラを贈る人が多いそう。

しかし、バラを贈るときには少し気をつけたいこともあります。

今回は、バラを贈るときに知っておきたい注意点をご紹介します。



■バラが持つ意味に要注意! 黄色いバラは愛情の薄れ…?

父の日に黄色いバラの花束をプレゼントする人も多いそうです。
しかし、ここで気をつけたいのがバラが持つ花言葉です。

黄色いバラには「友情・献身・可憐・美・さわやか・あなたを恋します」
などの素敵な花言葉がある反面、「嫉妬・不貞」といった花言葉や、
小輪の黄バラには「笑顔で別れましょう」といった愛情が薄れて
いくような意味合いのものもあるので要注意です。

また、白いバラを贈る人も多いです。

白いバラには「尊敬、純潔、清純」といった花言葉があり、
特に尊敬という意味でお父様に贈るにはピッタリ。

しかし、実は白いバラは故人に感謝の想いを伝えるときに
使用されることが多いので、真っ白なバラの花束は避けたいところです。


このように、バラには色によって花言葉があり、
良い意味も悪い意味も持ち合わせています。

そこで、もしバラを贈られる場合は、
黄色一色、白一色のブーケを作るのではなく、
色を混ぜてたり、他の花と組み合わせたりするのがおすすめですよ!






きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

食事制限したくないけど痩せたい…そんな人におすすめダイエット

お知らせ 2015.05.18(10:06) 玉山良子
食事制限したくないけど痩せたい…そんな人におすすめダイエット
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

暑い日がつづき、薄着の季節がもうそこまで来ています。

夏になると気になるのがボディライン。
ぽっこりお腹や二の腕、太ももなどが気になるという人は
少なくありません。

しかし、ダイエットをするにも
食事制限で我慢したくない・・・と重い腰が上がらない人も多いかと思います。

そこで、今回は食事制限なしの簡単ダイエットについてお話しします。



■食事制限なしの簡単ダイエット3つ

(1)お風呂上りの“水シャワーダイエット”
よくサウナや半身浴がダイエットに効果的だと言われていますよね。
しかし、実は水風呂や水シャワーが脂肪の燃焼を促進してくれます。

人は寒いと感じると、脂肪を燃やして熱を作ろうとします。
水風呂や、水シャワーで体を少し冷やすと脂肪の燃焼が促進されます。

ただし、急に水風呂に入ると心臓がビックリしてしまうこともあるので、
慣れるまではお風呂上りに水を足もとからかけることから
はじめるのがおすすめです。


(2)食事は野菜から食べる“食べる順番ダイエット”
同じ量の食事を食べても、
食べる順番によって脂肪の吸収率が変わります。

野菜をはじめとした食物繊維豊富な食材を先に食べると
脂肪の吸収を抑えてくれるのでおすすめですよ!


(3)質のよい睡眠をしっかりとる“しっかり眠るダイエット”
え・・・寝るだけ?と思った人、
睡眠はダイエットの強い味方なんです!

人は寝ている間に脂肪の分解や代謝が行われるため、
質のよい睡眠は欠かせません。

睡眠時間が十分にとれないと、
脂肪の代謝もスムーズに行われなくなってしまいます。
また、睡眠不足はドカ食いの指令を出すホルモンが増加する傾向に!

寝る前にスマホを見ない、部屋を真っ暗にして寝るのが、
質の良い睡眠をとる近道です。



これらは食事制限なしで行えるので、
今日から是非試してみてはいかがでしょうか。



きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

張り切り屋さんに几帳面さん…五月病になりやすい人の特徴

お知らせ 2015.05.11(09:00) 玉山良子
張り切り屋さんに几帳面さん…五月病になりやすい人の特徴
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

“五月病”という言葉があるほど、
五月は精神的に疲れたりうつになる人が多いと言われています。

「会社に行きたくないな」
「やる気が出ない」
「何をしてもすぐに疲れる」

こんな症状が一般的に五月病だと言われています。

四月は新入社員の入社や、社内の異動、引っ越し、
家族の卒業や入学などで何かと環境が変わる時期。

知らない間に緊張し続けていた気持ちの疲れや、
慣れない環境で過ごしていた体の疲れがドッと出てくるのです。

特にGW後にたっぷり休養をとったあとは、
余計に「会社に行きたくないな・・・」と感じる人も。


精神的な疲れやうつにならないためにも、
五月は無理をしないのが一番。

以下のような人は、
心身の疲れがたまりやすいので要注意です。


・毎日必要以上に張り切って仕事をする
・責任感が強く、自分自身に厳しい
・疲れていても無理をする
・休日は家の中で一人で過ごすことが多い
・運動をほとんどしない
・几帳面で、細かいところまで気にする
・睡眠不足
・外食が多く、栄養が偏っている


常に緊張感を持って仕事や家事をすることはとても良いことですが、
疲れがたまってくる五月は、少し楽に構えてもよさそうです。

完璧を求めすぎると
「これもできていない」「あれもできていない」と、
余計に自分自身を追い詰めてしまうので疲れが増長します。

「今日は疲れているから、これくらいにしておこう」という
気持ちの余裕が大切です。

また、適度な運動はリフレッシュになり、
血行や代謝促進につながるので心と体の健康にピッタリ。

休日は家にずっといるのではなく、
お散歩がてらウォーキングをしてみてはいかがでしょうか。


無理をせず、規則正しい生活をすることが
五月病対策になります。

しっかり睡眠もとって体を休めてくださいね。





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

紫外線対策をしないと…こんな悪影響が!

お知らせ 2015.04.27(10:42) 玉山良子
紫外線対策をしないと…こんな悪影響が!
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

4月に入り、紫外線量は日に日に増加傾向に。

テレビや雑誌、ネットでも紫外線対策の必要性が
次々ととりあげられています。

しかし、分かってはいても、
「まだ大丈夫でしょ」「夏になったらやるよ」と、
余裕でいる人も少なくありません。

実は4月の紫外線量は残暑厳しい9月と同じくらいあるんです!

今から対策をしないと、色々な悪影響が・・・。


今回は、紫外線による悪影響についてあらためて
振り返ってみましょう。



■紫外線が及ぼす悪影響

(1)シミ・そばかすができやすくなる
(2)シワ・たるみができやすくなる
(3)新陳代謝が乱れ、活性酸素による肌の老化を促進
(4)頭皮がダメージを受けることで抜け毛、白髪の原因に
(5)遺伝子がダメージを受けることで皮膚ガンの原因に

紫外線によってシミ・そばかすができやすくなることは
多くの人がご存知ですよね。
また、肌のコラーゲンなどを破壊し、
シワやたるみの原因になることも周知の事実。

それ以外にも、肌の老化を促進させることがありあす。

肌の表面がダメージを受けることで、
細胞の生まれ変わりがスムーズにできなくなり、
紫外線によって活性酸素が発生し、肌内部にある脂質を
過酸化脂質に変え、あらゆる肌老化を促進させてしまいます。

つまり、紫外線対策をしている人としていない人とでは、
数年後の見た目年齢に大きく差が開くことが予想されます。


また、「肌の老化なんて関係ない」と思っている男性も要注意!

頭皮が紫外線のダメージを受けることで、
抜け毛や白髪が促進されてしまいます。

また、場合によっては皮膚ガンの原因になることも・・・。



紫外線は浴びてよいことはひとつもありません。
今日から外出時は日焼け止めや帽子、日傘などで
紫外線対策を行ってみてくださいね!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

もやもや気分をスッキリ!その場でできるストレス解消法

お知らせ 2015.04.20(10:30) 玉山良子
もやもや気分をスッキリ!その場でできるストレス解消法
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

春は環境が変わったり、
引っ越しや異動、新入社員の入社などで周囲の人も変わる時期。

新しい環境下では何かとストレスが溜まりがちです。

ストレスは我慢しすぎると心の負荷になるだけでなく、
実は体の細胞を攻撃する“活性酸素”が増加することで
老化促進にもつながるのです。

ストレスは健康の大敵!
溜めないことが大切なのです。


今回は、ストレスを緩和させるために
取り入れたい習慣をご紹介します。



(1)ゆっくりと深呼吸をする

疲れたな、心がもやもやするな、イライラする…
そんなときは手をとめてゆっくり息を吸って吐いてみてください。

実は深呼吸をするだけで副交感神経にスイッチが入り、
体がリラックスモードになります。

脳や体が活性化して力が入っていた状態から
スッと力が抜けることで、ストレス緩和につながります。

イライラしたら深呼吸、これを意識してみてください。


(2)上を向いて歩こう!

『上を向いて歩こう』という歌がありますよね。
これも実はオススメなのです。

人は下を向いていると気持ちが沈みがち、
肩こりや腰痛などの痛みもより感じやすいと言われています。
逆に、上を向くことで明るい気持ちになれます。

煮詰まったときや、気持ちが落ち込んだときは、
気分転換にやや目線を上にしながら歩いてみるのがおすすめです。

足を使うことで全身の血行も良くなるので、
体も心もリフレッシュできますよ。



春は変化の時期であり、ストレスもたまりがちなので、
これらを参考にしてみてはいかがでしょうか。





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る