認知症介護の明るい道をご案内いたします。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

事務局便り


出会いの春! 第一印象が良くなるポイント3つ

お知らせ 2015.04.06(10:30) 玉山良子
出会いの春! 第一印象が良くなるポイント3つ
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

春は何かと環境が変わる時期でもあり、
出会いの季節でもあります。

会社では新入社員の入社や異動の時期、
引っ越しの時期でもあるので新たな出会いもあるはず。

そんなとき意識したいのが第一印象です。

第一印象はほんの数秒で決まると言われていて、
一度相手が抱いた第一印象は一日や二日では変わりません。
どうせなら良い印象を与えたいですよね。

今回は、第一印象UPにつながるポイントについて
お話させていただきます。



■第一印象が良い人とはどんな人?

(1) 髪型、服装に清潔感がある人
第一印象の決め手の半分以上は「外見」だと言われています。
とくに髪型はスッキリと清潔感があるヘアスタイルが理想です。
ボサボサだと、不潔・だらしないと思われてしまいがちなので、
清潔感を意識するのが大切です。

また、服装もヨレヨレのシワがある服ではなく、
男性ならビジネスの場ではバリッとしたシャツや作業着を着るなど、
「また会いたいな」と思ってもらうには髪型同様で清潔感が大切です。


(2) 笑顔であいさつできる人
最初の挨拶を笑顔でハキハキとする人は印象が良く、
逆に無愛想でボソボソと小声でする人は印象が悪くなりがちです。

笑顔は相手を安心させて、警戒心をほどいてくれる役割もあるので
初対面の相手には特に笑顔で接すると良いですよ。


(3) 明るい声色
耳から入る情報も大切です。
低い声で話すより、やや高い声で話す方が相手も聞き取りやすく、
印象UPにもつながります。

いつもより少し高めの声で、
ハキハキと話すようにするのがおすすめです。


どれも少し意識するだけで印象がガラリと変わるので、
この春是非実践してみてはいかがでしょうか?





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

え…意外!腰痛を悪化させちゃう座り方とは?

お知らせ 2015.03.30(10:30) 玉山良子
え…意外!腰痛を悪化させちゃう座り方とは?
 


みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

腰痛や肩こりに悩む人は少なくありませんよね。

特に長時間デスクワークをしている人の多くは
腰の傷みやガチガチの肩こりに悩まされているようです。


実は、腰痛や肩こりを悪化させてしまう原因のひとつが
「座り方」にあります。

長時間座って仕事をしている人こそ、
腰痛やを悪化させる座り方をしてしまっていないか
一度チェックしてみてください。



■腰痛・肩こりを悪化させる座り方

(1)お尻の位置が膝より下にある
椅子が低すぎる人が多く、
それらの人は腰に負担がかかる傾向にあります。

膝が90度に曲がる椅子の高さが理想です。
90度よりもお尻の位置が下に下がってしまっている人は
腰痛を悪化させてしまうことも!

また、椅子の位置が低いことで、
無理に肩を上げようとして力が入るので肩こりにもなりやすいです。

お尻の位置と膝の位置が水平になるように、
椅子の高さを調整してみてください。


(2)必要以上に腰を反らせる
腰痛や肩こり予防法としてよく書かれているのが
「姿勢よく座る」ということ。

もちろん正しい姿勢は大切ですが、
あまりにも意識しすぎて腰を反らせてしまうのは逆効果。
腰に負担がかかってしまいます。

また、肩にも力が入りやすく、
肩こりになりやすくもなってしまいます。

腰は反らせ過ぎないようにするのがおすすめですよ!



長時間座る姿勢だからこそ、
様々なところに負担がかかってしまいます。

この2点をチェックして、
腰痛や肩こりになりにくい座り方を実践してみてください!




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

舌の“白いコケ”ってどう処理してる?

お知らせ 2015.03.23(11:30) 玉山良子
舌の“白いコケ”ってどう処理してる?
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

ベーッと舌を出して鏡で見てみてください。

多くの舌の上には白いコケのようなものがついています。

ほとんどついていない人もいますが、
逆にビッシリとついている人も。

これは『舌苔(ぜったい)』と呼ばれるもので、
食べ物のカスや、口内細胞のアカが溜まったものです。

これを放置するとキツイ口臭の原因に!


もし舌苔がビッシリと溜まっている人は
処理してあげることが大切です。

しかし、処理の仕方を間違えると
舌を傷つけてしまったり、味覚が狂ってしまうことも。

たとえば歯ブラシでゴシゴシと擦るのはNG!

舌専用のブラシが販売されているので、
そちらを使用するのがおすすめですよ。


そして、

舌苔がつきやすい人がやりがちな習慣は以下です。

・水分不足
・タバコを吸う
・過度な飲酒
・不規則な生活
・食生活の乱れ
・体調が悪い

特にタバコやお酒の量が多い人は注意してくださいね。


舌にビッシリ舌苔がついていると
見た目にも清潔とはいいがたく、口臭にもつながります。

舌苔が気になる人は、
定期的に専用クリーナーで掃除してみてはいかがでしょうか。




きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

肩こり緩和には、肩よりあの部分を揉むのが効果的!?

お知らせ 2015.03.16(10:30) 玉山良子
肩こり緩和には、肩よりあの部分を揉むのが効果的!?
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

辛い肩こりに悩まされている人は少なくありません。

湿布をはったり、揉んでみたりしても一向によくならない・・・
そんな人に意識してもらいたいのは、
実は肩よりも「ふくらはぎ」なんです!

ふくらはぎを意識することで、
肩こりの解消につながりやすいんですよ。


そこで今回は、ふくらはぎが肩こり解消に効果的な
理由をご紹介します。



■脚は第二の心臓!

肩こりとは、肩やその周辺の血行が滞ることで
引き起こされる症状です。

デスクワークや読書などで長時間座っていると、
下半身が使われないことから、
どうしても上半身の血行が悪くなりがち。

以前事務局便りでご紹介させていただいたように、
全身の血行を促進させるには下半身が重要なのです。

脚は第二の心臓と呼ばれるほど血液やリンパの流れを促進するために
重要な役割を担う体のパーツです。

特にふくらはぎの筋肉は使うことでポンプのような役割をしてくれ、
血液を循環させてくれます。

脚を使って筋肉を動かすことが、
全身の血行促進に効果的なんです!



■一番の肩こり対策は脚の筋肉を伸縮させること

長時間のデスクワークや読書、車の運転をしている人は、
特に定期的にふくらはぎの筋肉を刺激してあげるのがおすすめ。

立ち上がって屈伸をしたり、
ふくらはぎをマッサージしてあげることも効果的。

普段あまり歩かないという人は、
意識的に歩くだけでもふくらはぎが使われるので
いつもより血行が促進され、肩こりが緩和されるはずです。



肩こりは肩を揉むだけでなく、
脚の筋肉を使うことも意識してあげるとよいですよ!





きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る

20代も要注意!骨粗鬆症になりやすい人ってどんな人

お知らせ 2015.03.09(11:40) 玉山良子
20代も要注意!骨粗鬆症になりやすい人ってどんな人
 

みなさんこんにちは!
きらきらネット事務局の玉山です。

「骨粗鬆症」という言葉をみなさんご存知ですよね?

骨密度が低下して骨の内部がスカスカになり、
骨がもろくなってしまうという病気です。

骨密度が低下することで、
転んだだけでも骨にひびが入ったり、骨折してしまうという人も。

少し前まではこの骨粗鬆症は高齢者に限った病気だと思われていましたが、
最近は20代の女性にも見られる、年齢問わず気をつけたい病気なんです!

しかし安心してください、
骨粗鬆症は意識することで未然に防ぐことができます。

そこで、今回は骨粗鬆症についてお話しさせていただきます。



■若い女性にも見られる骨粗鬆症

実は最近、20代の女性にも骨粗鬆症の症状が見られるんです。
無理なダイエットによる栄養不足が原因だと言われています。

特にカルシウムやビタミンが不足すると、
骨密度の低下につながってしまいます。

しかし現代人は全体的にカルシウムやビタミン不足だと言われています。
意識的に摂らないと骨密度がグングン低下してしまうことも。

カルシウムはチーズやヨーグルトなどの乳製品や小魚、
また、小松菜にも多く含まれます。
ビタミンは野菜や果物に多く含まれるので、
普段の食生活を少しだけ意識してみてくださいね。



■骨を強くするには運動も必要

骨を強くするためには栄養に加え運動も必要です。
一番取り入れやすい運動はウォーキングです。

ウォーキングを取り入れることで足の骨が強くなり、
また、背筋がのびて足腰が鍛えられるというメリットもあります。

一日30分を目安に取り入れるのがおすすめです。

忙しくて時間がない…という人は、
毎朝少しだけ早く起きて2~3駅分歩いてみてください。



健康的な骨を維持するためにも、
これらを意識してみてくださいね!






きらきらネット事務局
玉山





【介護用品に関する情報はこちら】
・介護用品ストア
・アウトレットセール

【認知症についての記事はこちら】
・認知症のいろは
・インタビュー記事

【介護保険制度について、専門医をお探しの方はこちら】
・よくわかる介護保険制度
・日本認知症学会認定専門医

【お悩みの相談についてはこちら】
・専門家へのメールでのお悩み相談
・地域包括支援センター
>>記事詳細を見る