認知症・介護・医療・福祉を語るキーパーソンたちのインタビューを公開します。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

ピックアップ書籍

認知症ぜんぶ図解

認知症ぜんぶ図解
三宅貴夫

知りたいこと・わからないことがわかるオールカラーガイド!すべてが図表&イラスト!認知症の理解に最速・最短!多くの誤解にあふれている認知症。また、昨今、認知症に対する医療や介護の進歩は著しい。こうしたなか、認知症に関する「知りたいこと」「わからないこと」「最新情報」を、カラーの図表やイラストであますところなく解説したのが本書。認知症きらきらネットのインタビューコーナーに三宅貴夫先生が登場します。

新着関連書籍

  • いきいき脳進化ドリル「物忘れ」解消編|久保田 競

    いきいき脳進化ドリル「物忘れ」解消編
    久保田 競

    覚えているはずのことが思い出せなくなってきた人も脳を活性化!貯めている記憶から取り出す脳力をアップする問題を多数掲載。★ある程度の年齢になると誰でも、ど忘れ、物忘れが多くなってくる。これを放置すると、認知症になってしまう可能性が高い!★そこで必要になってくるのが、脳のトレーニング。★ドリルを解くと「探す・考える・書く」ことで脳が活性化される。★たとえ解けなくても大丈夫。何度も繰り返し解くことで脳の中の回路が動き出し、ひらめきが生まれる。やっと解けたときの達成感を味わうことも脳への刺激になる!★本書では、貯めている記憶から取り出す脳力をアップする問題を数多く収録。マンダラぬり絵など描かせるものや、脳を活性化する料理もピックアップ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】・しりとり迷路・昭和思い出しクイズ・まちがいさがし・熟語レンズパズル・季節重ね絵・スピードマルつけ ・クロスワード絵パズル ・マンダラぬり絵

  • いきいき脳進化イラストドリル「記憶力」強化編 |久保田 競

    いきいき脳進化イラストドリル「記憶力」強化編
    久保田 競

    覚える力が衰え、「アレ」「コレ」が多くなってきた人も脳は強化できる。新しい記憶を脳に貯めこむ力を上げる問題を数多く収録。●いろいろなことがうろ覚えでスッキリしない「アレ」「コレ」「ソレ」症候群は、もしかしたら認知症の手前の“軽度認知障害”かも!?●症状が本格化する前に、「探す・考える・書く」脳トレドリルを何度も繰り返し解くことで脳の中の回路が動き出し、ひらめきが生まれる!●やっと解けたときのスッキリ感を味わうことも脳への刺激になる!●本書では、新しい記憶を脳に貯めこむ力をアップする問題を数多く収録。マッチ棒パズルや見えないトランプといった脳エクササイズや、脳を活性化する料理も掲載。●全72問を解いていくたびに、ナッツをひとつずつ塗りつぶして達成感を高めます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】★まちがいさがし★鏡絵まちがい★4コマまちがい★クラッシュパズル★本物さがし★イラスト迷路

  • 認知症を予防する、脳が若返る!「指なぞり」体操|白澤卓二

    認知症を予防する、脳が若返る!「指なぞり」体操
    白澤卓二

    毎日5分、簡単にできる両手を使った脳のトレーニング。3つの体操で19のトレーニングを紹介。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】PART1:「指なぞり」    ・直線・波線・じぐざく・なみなみ、じぐざく・うずまき・○△□     ・数字・ひらがな・言葉探し・絵描き歌PART2:「手影ふみ」    ・じゃんけん・指折り・手真似PART3:「指タッチ」    ・指ケンパ・数字タッチ・反復横とび・拍子・ドレミ    ・すりすりトントン

  • シニアの元気おかず|『ゆうゆう』編集部

    シニアの元気おかず
    『ゆうゆう』編集部

    骨粗しょう症、ロコモ、認知症、高血圧症を予防し、免疫力をアップ!100歳までおいしく健康に暮らすための食の知恵を満載シニア世代にとって、最も関心の高いテーマである健康。体がすべて毎日の食事によって作られるように、健康の第一の基本は食事。私たちが毎日食べる食事だけが、私達の髪の毛、筋肉、骨、脳細胞などを作ります。では、健康を気にするシニア世代は何をどれだけ食べたらいいのでしょう。寝たきりにつながる骨粗しょう症の予防には、カルシウムをしっかりとるコツを。転ばない足腰をつくるには、骨だけでなく筋肉も大事!肉のタンパク質は欠かせません。脳を元気にして認知症を防ぐには、DHA豊富な青背の魚を積極的に。免疫力をアップして病気を寄せつけないためには、発酵食品と食物繊維で腸を丈夫に。気になる血圧には、減塩を。といったように、シニア世代にとって、気になる健康テーマに沿い、必要な栄養素を簡単にとれるレシピを提案します。また、毎日の料理が面倒になりがちなシニア世代が、手間なくおいしくできる料理のコツも随所にご紹介します。

  • もの忘れ、認知症にならない 有名人穴埋めテスト|ど忘れ現象を防ぐ会

    もの忘れ、認知症にならない 有名人穴埋めテスト
    ど忘れ現象を防ぐ会

    60歳からの脳トレ楽しみながら人物/全756問あなたは何問、解けるでしょうか?楽しみながら思い出せば脳が元気に覚醒する!!芸能人、スポーツ選手、文化人、歴史人物、あなたはどれだけ覚えていますか?学校で学んだこと、テレビ・新聞で見聞きしたこと、映画館や劇場、球場などで鑑賞・観戦したこと、この1冊で有名人の「名前」や「エピソード」を思い出して脳を刺激させましょう。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】第1章 忘れられない銀幕のスターから歌手まで網羅   【芸能人】穴埋めテスト第2章 漢懐かしのプロ野球選手、人気力士、オリンピック選手たち   【スポーツ選手】穴埋めテスト第3章 心に残る文学者から映画監督、漫画家まで   【文化人】穴埋めテスト第4章 学校で習った日本史を動かした英雄たち   【歴史人物】穴埋めテスト

  • 家族のためのはじめての認知症介護|田中知世子

    家族のためのはじめての認知症介護
    田中知世子

    仕事、お金、暮らしの不安を解消!無理せず楽に在宅介護をする方法とは?認知症800万人時代到来!高齢者の3人に1人が認知症になると言われるなか、家族は認知症患者の介護とどう向き合っていくべきなのでしょうか。看護と介護の現場で多くの家族をサポートしてきた著者による在宅介護の教科書。認知症についての正しい知識や症状への対処法をはじめ、地域包括ケアや24時間訪問介護看護など便利なサービスの活用法まで、認知症患者との暮らしに役立つ情報が満載です。自宅での介護に悩むすべての家族待望の一冊。

  • 死ぬまで健康でいられる5つの習慣|菅原道仁

    死ぬまで健康でいられる5つの習慣
    菅原道仁

    日本人の平均寿命は男性79歳、女性86歳。しかし健康寿命は男性70歳、女性73歳。5つの習慣で健康寿命はどんどん伸びる!脳神経外科専門の救急外来で腕を磨いた脳神経外科医ならではの知識と経験をベースに伝える「死なないカラダをつくる」毎日の習慣。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【内容】・毎日4時間以上座り続ける人は寿命が短い(毎日運動をしたとしても、そのメリットを上まわる) ・人生の目的を書き出す(やる気と免疫力を高める) ・ウォーキングは距離より速度(4車線の横断歩道は10秒で渡る速さで)  ・容姿に気を配りはじめると体年齢は若くなる(老いは外見の乱れから) ほか

  • 後半生のこころの事典|佐藤眞一

    後半生のこころの事典
    佐藤眞一

    親の死、配偶者の大病、定年退職、老化の進行、施設への入居・・・後半生のライフイベント(人生を大きく変える出来事)はネガティブなものが多くなります。そのとき、あなたは「心」をどう保つか。これから老年期を迎える人とその家族に向けた、心豊かな後半生を生きるためのハンドブック。退職後の生活のために貯金をする人は大勢いますが、心理的な準備をする人は多くありません。しかし、本当に大切なのは、心の準備です。人生後半のライフイベント(生活を大きく変える出来事)には、ネガティブなものが多くなります。そしてその多くは、いつ起こるかはわかりませんが、いつかあなたの身にも確実に起こることです。本書では、心理老年学の立場から、後半生に待ちかまえている代表的なライフイベントが、私たちの心や行動にどう影響を与えるか、そして、私たちはそれにどう対処すればよいのかを考えます。

  • 訪問看護でいきいき働く!|宮崎和加子

    訪問看護でいきいき働く!
    宮崎和加子

    訪問看護ステーションは立ち上げてからが本当のスタート。本書では、いわゆる開設マニュアルには載っていない、安定した運営のために必要なこと、また利用者やスタッフが集まるステーションは何が違うのかを全国のステーション事例で紹介しながら解説する。

  • 認知症の緩和ケア|武田雅俊

    認知症の緩和ケア
    武田雅俊

    認知症の人への身体症状のケアと、診断時から始まる支援はどうあるべきなのだろうか?苦痛への配慮と将来の見通しの説明、意思決定支援の実践のために必要な情報をコンパクトにまとめたポケットブック。新オレンジプラン(2015年1月)では「認知症の人の意思が尊重され、住み慣れた環境で自分らしく暮らし続ける」ことが謳われている。その手本となったのがイギリスの国家戦略案である。本書は2011年にイギリスの精神医学、老年医学、高齢者看護の専門家によって執筆された。カバーする領域は、若年性認知症、疼痛管理、終末期対応、意思尊重、スピリチュアル対応、成年後見制度、介護者の死別支援など包括的である。これまで語られてこなかった、意思能力などの社会的支援と、家族のケアも含めた総合的な支援について、認知症の臨床に取り組む医師、看護、介護の方に向けてまとめた本邦初の「認知症の緩和ケア」の本である。

  • 介護職のための法律基礎講座|外岡 潤

    介護職のための法律基礎講座
    外岡 潤

    法律の専門家ではない介護職にとって、介護保険法や高齢者虐待防止法、個人情報保護法など法律をきちんと理解することは至難の業。ヘルパー2級で介護トラブル解決の専門家である弁護士が、介護職に深くかかわる法律の本質や上手な活用法を、かみくだいて平易に解説した1冊。

  • いざという時の介護施設選びQ&A|三好春樹

    いざという時の介護施設選びQ&A
    三好春樹

    Q「個室が優れているというのは本当ですか」Q「有料老人ホームの良し悪しはどこでわかりますか」Q「デイサービス、デイケアはどんな施設で受けられますか」Q「ベッドを見ればその施設の良し悪しがわかるというのは本当?」Q「私物を持ち込める施設が良いというのはなぜですか」それぞれの介護施設の基本から、デイサービス・デイケアの利用の仕方、いいケアをしている施設の探し方まで。あなたの不安に寄り添い、疑問に答えます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】●まえがき●第1章/介護施設の基礎知識●第2章/それぞれの介護施設の特徴●第3章/入所以外の利用ができる施設でのサービス●第4章/いいケアをしている介護施設の探し方●おわりに

関連書籍