認知症・介護・医療・福祉を語るキーパーソンたちのインタビューを公開します。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

ピックアップ書籍

認知症ぜんぶ図解

認知症ぜんぶ図解
三宅貴夫

知りたいこと・わからないことがわかるオールカラーガイド!すべてが図表&イラスト!認知症の理解に最速・最短!多くの誤解にあふれている認知症。また、昨今、認知症に対する医療や介護の進歩は著しい。こうしたなか、認知症に関する「知りたいこと」「わからないこと」「最新情報」を、カラーの図表やイラストであますところなく解説したのが本書。認知症きらきらネットのインタビューコーナーに三宅貴夫先生が登場します。

新着関連書籍

  • 「日中おむつゼロ」の排泄ケア|髙頭晃紀、竹内孝仁(監修)

    「日中おむつゼロ」の排泄ケア
    髙頭晃紀、竹内孝仁(監修)

    竹内孝仁氏が提唱する「おむつゼロ」は、100以上の特養が達成している一方、「絶対に無理」「適さない利用者もいる」など介護職の戸惑いも大きく、挫折する施設も少なくない。そこで、多くの介護施設を指導してきた著者が、挫折や壁を乗り越え「おむつゼロ」を成功させるポイントを伝授する。

  • 8色平面ブロックつき ボケない脳進化かたち合わせパズル|豊田早苗

    8色平面ブロックつき ボケない脳進化かたち合わせパズル
    豊田早苗

    動物や食べ物をかたどったパズルにブロックをはめて、楽しく脳をトレーニング。解くだけで認知症に効果的な問題を収録!「あれ? なにをしようとしたんだっけ」「あの人の名前なんだったかなぁ」こんな経験はないだろうか。誰しも年を重ねると脳が衰え、物忘れが増えたり覚えることや思い出すことが苦手になってくる。そのまま放っておくと、認知症にかかるリスクも!そこで効果的なのが脳のトレーニング!!このドリルでは、動物や食べ物をかたどったパズルに、さまざまな形のブロックをはめ込んでいく。かたちをどう組み合わせるのか考える過程で、機能が低下しやすい前頭葉と側頭葉を活性化できる。楽しく取り組めば、認知症も逃げ出す!とじこみ付録:「平面ブロック」でつくる、 「白鳥」「メロン」「飛行機」「ヨット」「凱旋門」「クジラ」 「UFO」「きつね」「手裏剣」などの問題を収録。STEP1:「指定のブロックで作ってみましょう」STEP2:「指定の平面ブロック以外で作ってみましょう」STEP3:「指定された数の平面ブロックで作ってみましょう」

  • ぼんやり脳!上手にボーっとできる人は仕事も人生もうまくいく|西多昌規

    ぼんやり脳!上手にボーっとできる人は仕事も人生もうまくいく
    西多昌規

    スタンフォード大学の日本人睡眠講師が教える、誰でも脳を15倍働かせる方法!意識的に「ぼんやり」することでアタマがみるみるシャープになる!!!短期間で想像以上の結果をだすための21のコツ1日たった3分のぼんやりで・・・仕事の幅が増えるストレス・イライラがおさまる新しい自分の発見ひらめきやアイディアが生まれる人生の軌道修正 ぼんやりが足りないと・・・アルツハイマー型認知症・うつ病・統合失調症・ADHD・・・など病気のリスクがあがる!

  • 脳科学で活性化!超漢字ドリル1250|篠原菊紀

    脳科学で活性化!超漢字ドリル1250
    篠原菊紀

    漢字の読み書きをすると脳の広い範囲で活性化が見られ、記憶力UP、物忘れ防止、認知症予防などの効果があることが知られています。本書は、その「漢字」をテーマに、パズル要素のあるドリル1250問にまとめたものです。「合体漢字パズル」「四字熟語並び替えパズル」「組み合わせ漢字パズル」「同じ部首で熟語作成パズル」「難読漢字クイズ」「漢字想起一部書きパズル」「漢字しりとり」「熟語スケルトン」「熟語シークワーズ」「漢字マス埋めパズル」など、多彩なパズル全10種類で展開しています。頭頂葉、前頭葉、側頭葉、海馬など、問題別に効果のある脳の部位や鍛えられる能力も補足。活性化している脳の様子がわかるデータも付いています。

  • 介護トラブル相談必携|外岡 潤

    介護トラブル相談必携
    外岡 潤

    高齢者介護から生じる転倒事故等に起因する被害者家族と施設側の感情的なすれ違いを解消し、介護トラブルを平和的に解決するための手法として「メディエーション」を提唱するとともに、その実践方法をわかりやすく解説!介護保険制度の基礎知識から過去の裁判事例とその分析までをわかりやすく丁寧に解説し、実際例に基づくトラブル対応Q&Aも収録!介護トラブルについて、第三者として相談を受ける者の立場から一定の解決指針を示し、円満解決への新たな道しるべとなる介護関係者必携の1冊!特別養護老人ホーム緑風園 総合施設長 菊地雅洋氏推薦!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】序章:本書のねらいと活用方法~なぜメディエーションか~ [1]転倒事故と介護訴訟の現実 [2]日本の介護現場の実態と特徴~事業者側の苦悩 [3]施設側が襟を正すべき事例も確かに存在する[4]日本の介護は存亡の危機にある [5]利用者側が求めるものは「誠意」[6]メディエーションに適する案件と適さない案件の見分け方[7]本書の目的と使い方第1章:メディエーションによるトラブル解決方法~転倒事案をもとに~ [1]はじめに[2]ケーススタディでみるメディエーションの実施方法[3]ケーススタディ─補足[4]メディエーション概説(総論)[5]メディエーションの実践方法と技法(各論)第2章:メディエーション実施に必要な法的基礎知識~介護事故裁判事例を踏まえて~[1]はじめに[2]総論~そもそも「介護トラブル」はなぜ法律で解決できないのか~[3]各論~過去の裁判事例の検討~第3章:介護トラブル相談対応Q&A[1]総論1:本章で扱うトラブル相談事例の特性と対応の心構え[2]総論2:利用者側からみた苦情申立先とその性質[3]総論3:トラブル相談対応のステップ等[4]各論:事業形態ごとのトラブル対応Q&A第4章:よくわかる介護保険制度の基礎知識[1]はじめに[2]介護を「わがこと」として考える[3]多種多様な介護サービス形態を学ぶ[4]介護保険制度の今後[5]介護保険の歴史[6]介護サービスの個別紹介[7]介護に関わる職種と機関

  • 認知症をよせつけない60歳からの脳革命|加藤俊徳

    認知症をよせつけない60歳からの脳革命
    加藤俊徳

    認知症はもう他人事ではない!ベストセラー『脳の強化書』の著者が教える脳の劣化を防ぎ、100歳迄イキイキ元気に生きる脳の鍛え方。

  • 血管が若返る! 黒豆茶健康法|秋津壽男

    血管が若返る! 黒豆茶健康法
    秋津壽男

    【血液がサラサラになる黒豆茶! 】今、話題の黒豆が、なぜ健康によいのか、どの症状に効果があるのか。血行促進の効果以外にも、多くの病気を予防し、健康を維持できる黒豆の秘密と、飲んでおいしい黒豆茶や健康法について、長年、 飲み続けている秋津先生が、やさしく解説します。【健康パワーの秘密がわかる! 】黒豆には、さまざまな栄養成分がバランスよく含まれています。良質なたんぱく質、腸内環境を整えるオリゴ糖、老化防止のビタミン、貧血を防ぐミネラルなどなど、黒豆が持っている栄養成分の特徴や働きを、やさしく図解します。 【栄養成分と病気の関係が、詳しくわかる! 】黒豆には、命にかかわる病気や症状を予防・改善する栄養成分があります。栄養成分と病気・症状との関係を、わかりやすく説明します。「血糖値を改善する」「血圧を下げる」「認知症を防ぐ」「むくみ・冷え症を抑える」「肥満を防ぐ」「便秘を解消する」「疲れ目を改善する」「睡眠の質をよくする」「骨を丈夫にする」「美白・美肌が期待できる」 等々、とりあげています。【秋津先生自らのレシピを紹介! 】秋津先生がいつも飲んでいる黒豆茶、そして、黒豆を使ったレシピ をご紹介します。簡単に作れる「サラダ」「ハンバーグ」は自慢の一品。ぜひ試してください。その他の料理も掲載しています。

  • 親の「 老い 」を受け入れる|長尾和宏、丸尾多重子

    親の「 老い 」を受け入れる
    長尾和宏、丸尾多重子

    今の日本人に足りないのは「老い」を受け入れる「心」。家族という時間は有限。その時間を幸福にするのは子ども次第。下町でたくさんの認知症患者を診ている町医者と、関西介護界のゴッドマザーが贈る言葉の処方箋!数多くの高齢者と介護する家族を見てきたふたりだから、自信を持って言えること。認知症の方には……認知症の薬はさじ加減!介護施設に閉じ込めない!自由にさせること!それだけで、本人もご家族も穏やかに過ごせるのです。本書には、実践から得た介護の悩みが軽くなるヒントがいっぱいです!親が老いていくということそれは、自信がなくなるということ自信がなくなるけど、子どもにだけは強がっていたいということ親が老いていくということそれは、もう生きているのは嫌 早く死にたいと言い出すということだけどあなたに迷惑をかけたくない気持ちと裏腹かもしれないこと親が老いていくということそれは、うとうととする日が多くなってくるということこの世とあの世の境目が少しずつ曖昧になってくるということ親が老いていくということそれは、命の仕舞い方を、あなたに教えてくれているということあなたもいつかこうなるのだとそれは最後のプレゼント

  • 親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと|太田差惠子

    親が倒れた!親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと
    太田差惠子

    「介護」を乗り切るカギは「自己申告」と「情報収集」!・昨日まで元気だった親が、突然入院!まず、何をすればいい?・もうすぐ退院。これから初めての介護生活・介護サービスや施設の種類が多くて、よくわからない・親の医療費・介護費は、親の貯蓄でまかなえる?・父親の介護で、母親まで倒れそう…・遠方に暮らしているけど、直接介護をしている親兄弟をサポートしたい・仕事と介護の両立が厳しいけど、無理をするしかない?・在宅介護もそろそろ限界。施設入所も考えはじめた・遠距離介護中だけど「親を一人にするな」と親戚からプレッシャーが…・ひどい施設や介護スタッフの報道を見て不安になった・一人っ子だから、両親が元気なうちに介護のことを考えておきたい入院・介護で家族が担う役割は、必要な「情報」を集め、ケアの「方針」や「費用」を検討して、サービスを受けるための「申請・契約」をすること。本書では「短期的戦略・中期的戦略・長期的戦略」に分け、あなたが「いま」知るべきことを、わかりやすく紹介します!

  • 楽しい介護|元翔

    楽しい介護
    元翔

    15年近く親族の介護にあたる著者が教える、楽しい介護のススメ。そこにはかっこいいことなどひとつもないけれど、考え方ひとつで、介護者の負担は大きく変わる。

  • もの忘れ・認知症を防ぐ ひらめき!脳パズル100|塩田久嗣

    もの忘れ・認知症を防ぐ ひらめき!脳パズル100
    塩田久嗣

    脳の老化を防止して、いつまでも若々しく過ごすためには、脳を鍛えることが大切です。年齢を重ねるごとに、もの忘れが増えたり、反応が鈍くなったりするのは自然なことがですが、「年だから仕方ない」とあきらめる必要はありません。脳の神経細胞は何歳になっても新しく生まれ変わります。これからの人生をより豊かにするために、 本書を活用しながら、脳をどんどん使っていきましょう。―――「はじめに」より ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【内容】文字:クロスワード、名字思い出し、漢字問題、しりとり…など数字:ナンプレ、漢数字計算、値段計算、穴埋め計算…など視覚:間違い探し、数字探し、図形問題…など記憶:写真記憶問題、都道府県名、歴史問題、昔の記憶…など作業:点つなぎパズル、線引き問題、マッチ棒パズル…など

  • もの忘れ・認知症を防ぐ! 脳活ドリル 90日間挑戦!|TJ MOOK

    もの忘れ・認知症を防ぐ! 脳活ドリル 90日間挑戦!
    TJ MOOK

    もの忘れや認知症を防ぐには脳を鍛える必要があります。脳を活性化させるのに適している問題で構成、飽きずに、楽しみながら解き進められます。問題の内容は、昭和思い出しクロスワード、数独、間違い探し、迷路、数字、書き取り、色読みテストなど、脳を鍛え、繰り返し使える問題集です。

関連書籍