認知症・介護・医療・福祉を語るキーパーソンたちのインタビューを公開します。
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

ピックアップ書籍

認知症ぜんぶ図解

認知症ぜんぶ図解
三宅貴夫

知りたいこと・わからないことがわかるオールカラーガイド!すべてが図表&イラスト!認知症の理解に最速・最短!多くの誤解にあふれている認知症。また、昨今、認知症に対する医療や介護の進歩は著しい。こうしたなか、認知症に関する「知りたいこと」「わからないこと」「最新情報」を、カラーの図表やイラストであますところなく解説したのが本書。認知症きらきらネットのインタビューコーナーに三宅貴夫先生が登場します。

新着関連書籍

  • 健康長寿は「飲みこみ力」で決まる!|浦長瀬昌宏

    健康長寿は「飲みこみ力」で決まる!
    浦長瀬昌宏

    飲み込み力が低下してからでは遅い!今、関心が高まっている「嚥下障害」「誤嚥」は飲み込む力が弱まって引き起こります。そして、その飲み込む力は、一度低下してしまうと、元に戻すのが非常に困難なのです。そこで本書では、「嚥下障害」にならないために飲み込む力の低下を予防するためのトレーニング法をカラーでわかりやすく解説しています。専門医が考案した 飲み込み力を鍛えるトレーニング法を 多くの人に、健康なうちに始めてほしいです。

  • 認知症カフェを語る―ともに生き、支えあう地域をめざして|朝日新聞社CSR推進部

    認知症カフェを語る―ともに生き、支えあう地域をめざして
    朝日新聞社CSR推進部

    認知症の人とその家族への支援を地域で行う場「認知症カフェ」。栃木県宇都宮市、岩手県陸前高田市、東京都国立市など、8カ所のカフェを紹介する。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】 第1章:認知症カフェという居場所・認知症カフェと21世紀の社会デザイン―サードプレイスとしての意義と可能性・家族の思い 若年性元気応援サロンから・認知症カフェとは何か第2章:認知症カフェが果たす役割・認知症カフェをどう位置づけるか・地域の中の認知症カフェ第3章:自治体と認知症カフェ

  • 病気の9割は歩くだけで治る!~歩行が人生を変える24の理由~ 簡単、無料で医者いらず|長尾和宏

    病気の9割は歩くだけで治る!~歩行が人生を変える24の理由~ 簡単、無料で医者いらず
    長尾和宏

    ベストセラー本の町医者が、簡単、ただで出来る、医者知らずの『とっておきの健康法』を初めて著す!医者として多くの患者を診療しながら、多くの人気本を著している長尾和宏先生の新しいテーマ『歩くこと』による健康法。平穏死という言葉をはやらせ、死を見つめたテーマ、ボケの問題、薬についてのうんちく、近藤誠教授へのアンチテーゼなどのテーマから、もっと健康で積極的に生きていこうというテーマへ。歩くことがどれだけ健康に良いかということを、医者の立場から科学的に証明していきます。実際の治療にも多く使われ、効果をあげています。歩行が人生を変える24の理由をわかりやすく説明する本です。現代病の大半は、歩かないことが原因。糖尿病人口は、950万人に。 高血圧人口は、4千万人に。高脂血症人口は、2千万人に。認知症人口は460万人、予備軍も加えると900万人に。そして、毎年100万人が新たにがんにかかり、年間で37万人が、がんで命を落としている―。そんなニュースが次から次に耳に飛び込んできます。「こんなに病気が増えました。10年後にはもっと増えるでしょう。大変です」と、大騒ぎしているものの、なんてことはありません。その大半は、歩かなくなったことが原因です。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】 第1章:病気の9割は歩くだけで治る 1)現代病の大半は、歩かないことが原因だった 2)糖尿病、高血圧などの生活習慣病は歩くほど、薬が減る 3)最大の認知症予防法は計算しながら1時間歩くこと 4)うつ病も歩くだけで薬無しでも改善する 5)国民病の不眠症は、歩くだけで解決する 6)逆流性食道炎も便秘も一挙に改善 7)繊維筋痛症も喘息もリウマチも治る 8) がんの最大の予防法はこんなにも単純だった第2章:医療の常識に騙されるな 9)歩くことが国民運動にならない5つの理由 10)ライザップより、ウオーザップ!お金は一銭も要らない 11)薬漬けからの脱出には歩くことしかない第3章:健康になるための歩き方 12)自転車では、なぜダメなのか/地球人は重力の世界に生きている 13)手を振るのではなく肩甲骨を動かす 14)“脊椎ストレッチウオーキング"のススメ/80歳のモデル歩きは可能か 15)腰や膝が悪い人にお勧めの歩き方 16)障害があっても歩行補助具で歩く 17)骨盤を意識する 時間は問わない 18)医者に払う金があるなら靴とリュックに使え!手ぶらが基本 19)自分にあった靴を選ぶ3つのヒント第4章:歩くと未来が広がる 20)歩くと未来が広がる理由/人生一度はセロトニンワールドを味わいたい 21)歩くと頭が劇的によくなる3つの理由 22)第二の心臓であるふくらはぎの鍛え方 23)走ることと歩くことはこんなにも違う 24)歩くと寿命が確実に延びる ※不養生医者のメタボ克服宣言

  • 実践レシピ:「いつものパン」があなたを殺す では、何を食べる?|デイビッド・パールマター(著)、ダニエラ・シガ(監修)、白澤卓二(翻訳)

    実践レシピ:「いつものパン」があなたを殺す では、何を食べる?
    デイビッド・パールマター(著)、ダニエラ・シガ(監修)、白澤卓二(翻訳)

    いま話題の、 炭水化物・糖質・グルテンカット!全世界でベストセラー!『「いつものパン」があなたを殺す』の第2弾!実践版レシピブック。パンやパスタをはじめとする小麦粉抜きでも、 栄養たっぷりでヘルシー、そしておいしいレシピがいっぱい。晩ごはんのメインになる料理から、朝食メニュー、デザートまでを完全網羅。たとえば── ★朝食に「時短サクサクシリアル」=「炭水化物カット」で、脳を元気に1日スタート! ★ランチに「カレー風味のポークシチュー」=炒めて混ぜるだけ。つくったら3日もつから便利。 ★夕食に「サーモンハンバーグ」=がっちり食べて簡単・満足。細胞・血管からの若さをつくる。 ★デザートに「チョコレートとアボカドのカスタード」=「砂糖抜き」でもデザートが食べられるこれ1冊で、今日から簡単に「脳にいい食事プログラム」を実践できます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】・訳者のことば:頭・体・心の健康に直結するレシピ――白澤卓二・INTRODUCTION・これを食べれば、脳と体がみるみる生まれ変わる!・基本の調味料・朝食のレシピ・昼食のレシピ・夕食のレシピ・軽食のレシピ・デザートのレシピ

  • どうしてすぐに忘れちゃうの?認知症と病気|江頭恵子

    どうしてすぐに忘れちゃうの?認知症と病気
    江頭恵子

    物忘れと認知症のちがい、認知症のメカニズムなどを明らかにし、TPP(時間→場所→人)の順にわからなくなることや、徘徊や暴言に対する上手な接し方などを具体的な事例を示して図解。また、加齢による病気の原因と予防も解説。 【既刊】③ こんなとき、どうする?― 介助と救急【続刊】① しわがふえ、しらがになるのはなぜ?―生命と老化(2016年1月刊)④ おとしよりをささえる―施設と制度(2016年3月刊)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】  1.老化によるもの忘れと、認知症によるもの忘れのちがい  2.家族が認知症に気づくとき  3.認知症にはいくつかの種類がある  4.認知症の共通する症状と人によってちがう症状  5.認知症の症状① すぐに忘れてしまう  6.認知症の症状② 時間→場所→人の順にわからなくなる  7.認知症の症状③ よく世話をしてくれる人には症状がより強く出る  8.認知症の症状④ 感情のコントロールができない  9.認知症の症状⑤ 昨日はできたのに今日はできない10.認知症の症状⑥ 認知症の人の反応はあなたの心を映し出している11.認知症―こんなときはこうしよう12.介護の必要な認知症の人は高齢者の10人に1人13.変化してきた日本人の死因14.おとしよりのがんとその予防15.命にかかわる病気―心臓病16.脳卒中―減った脳出血、増えた脳こうそく17.増える肺炎とその予防18.糖尿病はこわい病気19.おばあちゃんの骨はスカスカ!?20.パーキンソン病21.白内障と緑内障22.脱水症と熱中症23.熱が出やすい24.めまいにはいろいろな病気がかくれている25.生活不活発病にならないために

  • 脳活 きくち体操|菊池和子

    脳活 きくち体操
    菊池和子

    きくち体操は、脳で意識しながら体を動かすので、脳の活性化にもつながります。巻頭にベストセラー『脳の強化書』著者・加藤俊徳さんと菊池和子先生の対談を掲載。「脳にいい体操」について語ります。最新の脳科学で、どんな動作もどこに効いているか意識して動かすことで、脳が活性化するということがわかっています。 本誌では、加藤先生お墨付きの体操を紹介。各ページに「脳のどこに、何に効くか」をわかりやすく示します。

  • 老後貧困から身を守る|細沢祐樹

    老後貧困から身を守る
    細沢祐樹

    超高齢化社会が進むにつれ、様々な社会問題が増えています。認知症になり、財産や住居をだまし取られ、悲惨な目にあったり、認知症や足腰が動かなくなるまではいかなくても、若いときほど動けずに、自分の思うような暮らしを送れなくなったり、そんな状況になる可能性は誰にでもあります。終活に向けて、自分が認知症になった場合や動けなくなった場合の漠然とした不安がありながらどうしたらいいのかわからないという人が多い現状に、高齢者の財産管理や生活の見守りを多く請け負う司法書士が、アドバイスをします。まずは早めに高齢者の財産や暮らしを守る制度のことを知っておくことが大切です。また、制度を利用するしないにかかわらず、困ったときに誰にどう相談できるか、わかっているだけでも心強いと思います。深刻な状況でなくても、老後がなんとなく心配になったらぜひ司法書士に気軽に相談してほしい、早めに対策を考えるきっかけにしてほしい、そんな思いがこめられています。自分が快適に暮らせる環境や住居で、自分の財産を自分のために守りながら、人生の最後まで心穏やかに過ごしたい、でも社会の暗いニュースに不安が大きくふくらんでいる、そんな人に役立つ1冊です。

  • 認知症治療の革命|岡 清正

    認知症治療の革命
    岡 清正

    肝細胞増殖因子(HGF)が脳と身体を蘇らせる!認知症はもう「根治しない病」ではない!!人体の組織(脳)・細胞を再生する肝細胞増殖因子(HGF)の発見から30年。西洋と東洋が出会ったとき、もうひとつの再生医療が道を開いた!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー第1章:認知症の現在・脳の老化・認知症はどうして起こる?・認知症の症状・認知症の薬第2章:再生医療と漢方医科学・人々が持つ再生力の源・漢方医科学は科学的根拠がない?・漢方医学の考え方・知られざる生薬の力第3章:夢の発見HGF・組織再生のヒミツ・HGF(肝細胞増殖因子)とは何か・HGFはこうして発見された・肝臓が復活する・多機能なHGF・難病にも有効なHGF・HGF治療の二つの方向・東北大学病院 ホームページより第4章:西洋と東洋が出会うとき・HGF誘導因子・生薬の組み合わせが重要第5章:「漢方医科学」とHGFが予言する・認知症の前段階 ・漢方医学からみたMCI(軽度認知障害)とアミロイドβ、タウ・認知症治療の新たな可能性

  • 認知症を強力に阻止する栄養素があった!! 脳に届く栄養学|八藤 眞

    認知症を強力に阻止する栄養素があった!! 脳に届く栄養学
    八藤 眞

    脳の仕組みとメカニズムが次々に解明されています。認知症予防には、脳を助け、脳に届き、脳を活性化する栄養素を摂ることが重要です。その4大栄養素とは、ミネラル、糖鎖、レシチン、オメガ脂肪酸です。「脳に効く栄養素」を積極的に摂取して、どんどん脳に送り込みましょう。

  • あなたを生かす油 ダメにする油|白澤卓二

    あなたを生かす油 ダメにする油
    白澤卓二

    「ココナッツオイルをどう摂れば認知症と糖尿病を改善できるのか?」「マーガリンはなぜアメリカで使用制限があるのか?」「サラダ油は体にいいのか悪いのか?」など、油の健康効果を知り、食生活を変えられる本。なぜ、この油が健康にいいのか! ? ◆ココナッツオイル ◆オリーブオイル ◆亜麻仁油 ◆えごま油 ◆あじ、さばなど青魚の脂 ◆MCTオイルーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【目次】第1章:あなたを生かす油とダメにする油・神経細胞をスムーズに動かすには油が不可欠・油を抜くと細胞が壊れやすくなる・油を抜くと太りやすくなる・炭水化物5割、油3割という基準が病気の原因・油と炭水化物の摂取エネルギー比率を逆転させよう・どんな油でもいいわけではない・「オメガ6」の摂り過ぎで病気になる・マーガリンやショートニングは控える・糖尿病が劇的に改善!さあ、今日から始めよう第2章:ココナッツオイルの使い方は8割が間違い・パンにココナッツオイルでは効果なし・朝、ココナッツオイルを摂るだけではケトン体質になれない・脂質異常症の人もココナッツオイルを食べて大丈夫・「ココナッツミルク」よりも「ココナッツオイル」第3章:あなたを生かす食べ物はこっち・ココナッツオイルとオリーブオイル、体にいいのはどっち?・ラーメンとカレーライス、昼食に食べるならどっち?・全粒粉で作ったパンと精製された小麦粉のパン、血糖値を上げやすいのはどっち?・ハンバーグとコロッケ、体にいいのはどっち?・野菜ジュースとトマトジュース、野菜不足を補うならどっち?・コーヒーと紅茶、ココナッツオイルを入れるならどっち? 第4章:油を変えると人生が変わる・糖尿病と認知症をダブルで予防する・悪い油で起こるうつ病を改善する・ADHDなどの発達障害にも効果が・しつこい頭痛が治る ダイエットができる・不快感やイライラなど慢性ストレスを改善・アレルギー改善やがん予防にも第5章:2週間で実感できる白澤式「ココナッツオイルの油生活」・まず、1日だけでも始めてみましょう・1週間のメニューの見本・2週間続ければ、あなたも「ケトン体質」になれます・コンビニや居酒屋は意外に役に立つ

  • 野生の介護|三好春樹

    野生の介護
    三好春樹

    関係性のないところにコミュニケーションが成立するわけがない!傾聴、声かけといった対人関係技術の枠を超え、人と人との〈気-違い〉を修復するケア論。読めば、〈豊かな介護〉の世界が明けてゆく。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】暗喩としての「権力者」の課題第一章:この本を書く問題意識第二章:コミュニケーションはもう始まっている第三章:まず自分とのコミュニケーションを第四章:コミュニケーションが成立する条件をつくる

  • 認知症の人と創るケアの世界|豊田謙二

    認知症の人と創るケアの世界
    豊田謙二

    認知症の人の生きる喜びの喪失を防ぐため、一方通行の介護を超え、共につくる「ケア」の関係を探求。日本とドイツそれぞれの福祉制度から現場の取組みまで総合的に紹介する。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【目次】はじめに第1章:認知症の人はどこに住むのか第2章:認知症の人を巡る社会的支援と家族第3章:認知症の若い人における就労と活動第4章:認知症ケアと介護保険第5章:認知症の人と成年後見、あるいはドイツの世話制度第6章:「死」の看取り、その看取りへの協働むすびに

関連書籍