介護・福祉のお仕事
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

介護・福祉のお仕事

介護や福祉のお仕事には様々な職種があります。
お仕事の内容や資格のとり方について紹介します。

介護・福祉の資格

介護福祉士

国家資格である介護福祉士はケアワーカーとも呼ばれ、身体上又は精神上の障害によって日常生活を営むのに支障がある方に対して食事や入浴、排せつなどの状況に応じた介護を行う。 並びに、その方及びその介護者に対して介護に関する指導を行ないます。

介護福祉士

【資格取得方法】
(1)厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業。
(2)3年以上介護等の業務に従事した者等が介護福祉士国家試験に合格。

【受験資格】
(1)特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した方
(2)高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方
(3)特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、介護等の業務に従事(在職期間:9ヶ月以上、実働日数135日以上)した方

【試験内容】
(1)筆記試験(13科目)
社会福祉概論、老人福祉論、障害者福祉論、リハビリテーション論、社会福祉援助技術(演習を含む。)、レクリエーション活動援助法、 老人・障害者の心理、家政学概論、医学一般、精神保健、介護概論、介護技術及び形態別介護技術。
(2)実技試験
介護等に関する専門的技能。

【試験に関するお問い合せ先】
財団法人社会福祉振興・試験センター
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
郵便番号 150-0002
電話番号 03(3486)7521
試験案内専用電話番号 03(3486)7559(音声及びファクシミリ)
ホームぺージ http://www.sssc.or.jp/

出所・参考
厚生労働省ホームページ