認知症基礎講座
会員ログイン
ログインID
パスワード
パスワードを忘れた方は ≫
新規会員登録

認知症基礎講座

STEP 1. まずは自己診断してみましょ!

基礎知識 チェックしよう!
三宅貴夫

三宅貴夫先生

京都大学医学部卒業、厚生省、京都府保健予防課、京都府立病院、堀川病院などに勤務。
現在、認知症の妻の介護に専念し、「認知症の人と家族の会」の顧問を務める。

三宅貴夫
Vol.2「認知症とはどういうものなのか?」

4:認知症の原因とは?

 認知症の2大原因と言われているのが、「脳血管障害」と「アルツハイマー病」です。認知症は脳の病気なのですが、うつ病や統合失調症といった精神病とは違って、目に見える形で脳に変化が起こります。

 脳の血管障害で代表的な病気といえば、「脳梗塞」や「脳出血」です。また、アルツハイマー病は、血管障害による認知症よりも多く、今も増え続けている認知症の原因となる病気です。脳が萎縮することによって、認知症の症状が出るようになるのです。

 この2大原因の他にも、アルツハイマー病やパーキンソン病に近い「レビー小体病」や「前頭側頭葉変性症」をはじめとする脳の病気が原因として挙げられますが、もっと身近なものでは、頭を強く打つ「頭部外傷」が原因で認知症になることもあります。

  また、これらとは別に、認知症の原因として考えておかなければならないものがあります。その人の「身体の状態」と「精神状態」、「生活環境状態」の3つで す。この3つの状態の変化だけで認知症になるというわけではないのですが、認知症の状態に影響を与えるという意味では、原因のひとつとして考えておくべき です。


認知症のいろは目次

困ったときは 地域包括支援センター 最初にやるべきことは 専門医のご紹介 よくわかる介護保険 医療費控除とは 介護施設の種類